現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。
欲しいものリスト公開中です。
(amazonで気軽に支援できます。ブログ継続の原動力となりますのでよろしければ。
『リスト作成の経緯はこちら』)

【情報】このブログで書かれる可能性があるカップリング(咲-白糸台高校)

白糸台高校においてこのブログで
自発的に書かれる可能性があるカップリング。

1.照菫
2.菫淡
3.菫宥

以下、管理人が上記カップリングを書く
動機づけについての説明です。

※注意1!
 はっきり言って痛いです。
 その手の語りが苦手な方は
 即座に退避することを推奨します。

※注意2!
 以下ではいろいろ書いてますが、
 これはあくまで管理人自身の主観であり、
 他の方に何らかの主張を
 押し付けるものではありません。

※注意3!
 この記事を書いている時は2014/7月で、
 まだ白糸台は準決勝を終わった段階で、
 宮永家の事情も明かされていない状態で
 あることを念頭にお読みください。
 ただしそこまでの展開はネタばれしますので
 まだ読んでない人は
 即座に退避することを推奨します。
 



「ふむ、みんな集まったな。
 では、早速本題に入ろう」


「そもそも論だが、お前達の中に
 同性愛者がいたら、手を挙げてくれないか?」


「……」
「……」
「……」
「……」
「……」


「いないようだな」


「いや、この雰囲気の中で
 カミングアウトできる人がいるとしたら
 淡くらいのもんですよ」


「こうなると思って
 信用できる探偵に
 調査を依頼しておいた」


「…念のため聞いておくが、
 その探偵の名前は?」


「トリックスター淡」


「お任せあれ!」


「早速信用度が地に落ちたな」


「ふふん、そういうことは
 この山のような調査資料を見てから
 言ってもらえるかな!」


「お、おぉ…思ったより
 真面目に調べてあるな…
 これは…雑誌と、DVDか…
 阿知賀編に…咲日和?」


「イエス!重要参考資料です!
 じゃぁ結果を発表するよ!
 この中に、同性愛者である可能性を
 秘めた人物は…」


「人物は…」


「特に思いつきませんでした!」


「…だよな」


「淡ちゃんに代わって補足すると、
 そもそもそんな深い内容を
 語れるほど私達の情報は
 部外に漏えいしていないようですね」


「まぁ筆頭としては
 私なんだろうけど、
 ぶっちゃけあのくらいの
 スキンシップなら普通にするよね!!
 あれで百合って言われたら
 この世界の大半の人物が
 百合になっちゃうよ!」


「ふむ…じゃぁまぁ、
 お開きにするか?」


「待って、まだカップリングの
 話が終わってない」


「…あえて触れなくてもいいだろう」


「菫先輩をいじりたい!」


「さすが淡…地雷を全力で踏みに行くな…」


「ここはあえて触れていくよ!
 まず第一候補はテルと菫先輩だね!!」


「あー…これについては
 一つ照に質問したいんだが、
 いいか?」


「何?」


「お前…私のこと、
 ちゃんと友達と思っているか?」


「……」
「……」
「……」
「……」
「……」


「おい」


「い、いや…さすがにそこは
 疑うところではないのでは…」


「いや、この調査資料によると、
 照と私は正直大してしゃべってないぞ」


「まぁ、流石に友人関係なのは
 間違いないでしょうけど…
 親友関係か、とまで言われると
 まだわかりませんね」


「実はただのチームメイトレベル
 だったりするかもね!」


「…なんだか悲しくなってきたな。
 次行くか。さっさと終わらせよう」


「次は、…部長と淡ですね」


「…また私なのか」


「でも露出している情報の中では
 ダントツで絡んでるよね!」


「嫌な言い方をするな。
 素直に魔物同士照と淡を
 くっつけとけばいいだろう。
 私を厄介事に巻き込むな」


「ひどい!」


「でも、私と淡だけ
 魔物扱いされることが多いけど、
 正直亦野以外全員化け物だと思う。
 相手の不要牌がわかるって、
 結構な反則能力だと思うよ」


「私は除外なんですか」


「いやだって三副露もしてたら
 普通にそのうち上がれるだろ。
 しかもそれで牌が少なくなったところを
 狙い打たれるって、
 何か初心者っぽいぞ」


「うぅ…まぁ、話を戻すと
 実際部長と淡は相性いいと思いますよ。
 宮永先輩は淡を甘やかしちゃいますし、
 くっつくならお二人で
 くっついてほしいです」


「亦野…それは単に
 私を淡係にしたいだけだろう」


「つ、次行きましょう!」


「最後は…最後まで私なのか…!?
 というか、この宥って誰だ?」


「松実宥さん。
 準決勝の次鋒戦で戦ったでしょ?」


「あぁ、あのマフラーを巻いていた選手か…
 私は彼女としゃべった記憶がないんだが」


「調査資料でもありませんね…」


「何なんだこれは。
 一体何を根拠に私を槍玉に挙げて
 何を考えて記事を
 書こうとしているんだ?」


「これについては松実さん側に
 理由がありそうですね。
 どうも、部長の癖を見抜くために
 何度も何度も
 部長の映像を見続けたみたいですよ」


「いや、それは単に
 試合に勝つためための作戦だろう。
 それで彼女が私に好意があると
 考えるのは飛躍にすぎる。
 彼女もいい迷惑だろう」


「まぁ、所詮はイメージだしねー」


「ふぅ…ということで、結局のところ、
 私たちが同性愛者であり、
 かつ誰かとつきあっているという
 根拠は見つからなかったようだな…」


「まぁ、この手の噂話は尽きませんからね…
 有名税と思って諦めるしかないですよ」



--------------------------------------------------------


「せっかくだから物申したい」


「なんだ?」


「なんか私、やたらヤンデレキャラに
 されてるんだけど。
 そんな描写どこかにあった?」


「むしろ咲日和まで含めると
 あまりに穏やかすぎてこれが大魔王なのか?
 みたいな意見も時々聞きますね」


「…まぁ咲日和られると
 あの鬼コーチですら穏やかになるからねー」


「咲日和られる…」


「むしろ照はもっと威厳を出した方が
 いいとすら思うな。主に淡に対して」


「そう言えば私毎回テルーって言ってるけど、
 普段はテルって呼んでるし、タカミーも
 ちゃんと尭深って呼んでるよね」


「先輩を呼び捨ては
 ちゃんととは言わないがな」


「後は、私たちも部長部長言ってますけど
 実際には先輩呼びだったと思いますが…」


「というか…ずっと気になってたんだが、
 私、部長でいいんだよな?」



「……」
「……」
「……」
「……」
「……」


「お、おい…」


「そ、そろそろ終わりましょうか!」


「…そうだね」


「というわけで、白糸台編終了!」


「おい、ちょっと待て勝手に終わるな!
 私が部長なんだよな!?
 答えろ!
 頼む、答えてくれ!!」



--------------------------------------------------------

というわけで白糸台編でした。
参考資料を読み返してみると、
いろいろと気付きがありましたね…

改めて確認してみると
思った以上に各キャラの絡みが少なく、
我ながらキャラ妄想がすぎるなと思いました。

意外だったという点では、
本編だけを取り上げたら
照淡が王道かと思っていましたが、
咲日和まで含めると、
むしろ掛け合いが多いのは
ダントツで菫淡だったりするという…


呼称については単純に勘違いをしてました。
次からは直しておこうと思います。


ちなみに弘世さんが部長というのは
ファンブック情報にて記載があるそうです。
何か暗黙のうちに
部長だと思い込んでいた…


ていうか何そのファンブックって。
とりあえず購入して確認せねば…





--------------------------------------------------------------
 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2014年07月24日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101898517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。
 
人気ブログランキング