現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。
欲しいものリスト公開中です。
(amazonで気軽に支援できます。ブログ継続の原動力となりますのでよろしければ。
『リスト作成の経緯はこちら』)

【作品設定紹介】【咲SS】君の背な向け、矢をつがう (照菫)

本ブログのSSは、無駄に長くなるので
記事の中に後書きなどは
入れないようにしています。

とはいえ、作中で全て設定や伏線を
回収しているわけではないので、
細かく知りたいという奇特な方もいるかもしれません。
何より、SSを書いている本人が
続き物の設定を忘れるという
愚挙を犯す可能性があります。

というわけで、作品の記事とは別枠で
そのSSの作品紹介を掲示します。

興味のない人は退散を。

※これだけ読んでも意味不明なので
 ぜひ先に本編をお読みいただけると幸いです。


※興味のある奇特な方は、
 当ブログ内の検索で【作品設定紹介】で検索すると
 まとめて読みやすいと思います。
 これを書いてる時点ではまだこの記事しかありませんが。

※かなり詳細に記述しているので
 むしろ食傷気味になる方の方が多そうですが、
 質問などがあればコメント欄に記述いただければ
 そのうち回答するかもしれません。

--------------------------------------------------------
【君の背な向け、矢をつがう 】


※テーマがテーマなので、
 設定紹介自体も軽い…
 いや、けっこうきついホラーになっている気がします。
 苦手な人はブラウザをそっと閉じてください。
 





 
 
 
 

このSSは、本ブログの処女作となります。
テーマは、クトゥルフ。
はい…よりによって初っ端から
クトゥルフです。
ヤンデレ・『狂気の』百合SSだし。

<注意!>
「クトゥルフってなんぞ?」という方、
ホラーに耐性があり、かつ興味のある方は
ご自身でご検索ください。

逆に耐性のない方は検索しないでください。
検索したら場合によっては
いきなり画像が出てきます。
内容が内容なので
ここでの詳細説明は控えます。

ひどく大雑把に言うと、
人をはるかに超越する人ならざる存在に、
矮小な人間がうっかり関わってしまった時の
恐怖を描くホラーとなります。

------------------------------------------

SSの中では宮永照が、
「人を超越した存在」として描かれています。
ちなみにこの世界における、
「人を超越した存在」への
反応はこんな感じです。

<完全な一般人>
特に何も感じません。
例の光も見えません。
麻雀で関わらなければ完全に普通の人。
麻雀で関わる人には、
奇妙な上がりを連発する胡散臭い人でしょう。
ちなみに弘世菫は
最初この領域に位置していました。

<ちょっと素質がある人>
存在に本能的な恐怖を感じます。
能力が高いほど感じる恐怖は強くなります。
光が見えるかどうかは素質次第です。
白糸台の部員は比較的この領域の人が多いです。

<目覚めてしまった人>
恐怖を感じるかは人それぞれ。

でも基本的にお互い様であること、
この領域に位置する人は
人として扱われず
だんだん正気を失うため、
大抵の場合は気にならなくなります。

宮永照は生まれた時から
この領域でスタートです。
目覚めた後の弘世菫も
最終的にこの領域に到達します。


まぁこんな具合なので、
白糸台において宮永照は
ほとんど人間扱いされてません。
文字通り「化け物」扱いです。

------------------------------------------

作中で頻繁に出てくる「紫色の光」は
端的にいえば気、念、魔力、オーラです。
ただ、これらの単語を使ってしまうと
一気に親近感を持って馴染んでしまうので、
一般的な表現を避けました。

この世界において、この光に
殺傷能力などは特にありませんが、
恐怖の象徴です。
ただし、「人を超越した存在」の間では
最上の愛情表現でもあります。
最上の威嚇行為でもありますが。

これを全力全開で放てば、
その強さによっては<完全な一般人>でも
視認することが可能です。
宮永照はこれを利用して
弘世菫を強制的に目覚めさせました。

作中で弘世菫はこれをよりによって
宮永照を見つけるための
リード紐扱いしています。
これを平然とたどる弘世菫の姿に
部員たちは恐怖を禁じえなかったでしょう。

作中では明かされていませんが、
白糸台高校麻雀部において
弘世菫が避けられ始めた
最初のきっかけはこのリード紐です。

------------------------------------------

なお、「人を超越した存在」は
大半の人間にとって
恐怖の対象であることに間違いはありません。
とはいえ、強い愛情によって
その間に信頼関係を築くことは可能です。
この辺はクトゥルフの世界とは異なります。

ですが、その信頼関係が築かれたころには、
どちらも「人を超越した存在」になっているでしょう。
宮永照と弘世菫のケースがもろこれにあたります。
基本的には「人を超越した存在」に
関わってはいけないのです。

------------------------------------------

そんな世界で生まれながらに
「人を超越した存在」として生まれた宮永照は、
基本的に人から理解されず、
家族としか交流がありませんでした。

唯一心を許していた宮永咲は、
とある事情により
彼女と離れ離れになってしまいます。
(この事情は執筆時点では
 原作でも明らかになっていません)

心の拠り所を失った宮永照は、
新しい友達を見つけようと
白糸台高校麻雀部を訪れますが、
そこに「人を超越した存在」はいませんでした。
悲嘆にくれた宮永照はその探索の場を
インターハイにまで広げますが、
それでも対象の存在は
見つかりませんでした。

というより、「人を超越した存在」は
魑魅魍魎がはびこる麻雀界でも
ごく一部のトッププロにしか存在しません。
インハイごときで相手が
見つかることはなかったのです。

ですが、彼女は<完全な一般人>では
ありながらも、自分に
手を差し伸べてくれる弘世菫と出会います。

弘世菫はその恵まれた容貌と
クールな受け答えから
一見近寄りがたい雰囲気を持っていますが、
なんだかんだ言いながら
付き合いがいい、頼りがいのある人物です。

この頃には宮永照は
自分の境遇を理解していましたし、
かろうじて正気を保ってもいました。
それゆえに彼女は
弘世菫をこの世界に導くことを躊躇します。

ですが、生まれてからずっと
荒んだ世界に生きてきた彼女は、
初めて同類以外で
自分を受け入れてくれる者の存在に
傾倒してしまい、
その後に訪れた根源的な部分で
分かり合うことができない悲しみに
耐えきることはできませんでした。

作中で彼女は狂気に堕ち、
結局は弘世菫を引きずり込んでしまいます。
そして、元々は
<完全な一般人>に過ぎなかった弘世菫は、
事の重大さを正しく理解できず、
気づいた時には後戻りできない状態に
なってしまいました。

そして、最終的に二人は
二人ぼっちになってしまいます。

とはいえ、最終的にはお互いに
狂っているものの、
宮永照と弘世菫はお互いを理解し、
深く、深く愛し合う存在となります。


管理人としては、この結末はこの上ない
ハッピーエンドとして描いたつもりです。
…もっとも、あくまで
クトゥルフ的な世界では、ですが。
 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2014年07月31日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102046178
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。
 
人気ブログランキング