現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。
欲しいものリスト公開中です。
(amazonで気軽に支援できます。ブログ継続の原動力となりますのでよろしければ。
『リスト作成の経緯はこちら』)

【咲SS】菫相談室 第02話 『取材』

『菫相談室 第02話 取材』

<あらすじ>
序盤の苦労をなんとか乗り越え、
ようやく軌道に乗り始めた菫相談室。
だがしかし、それをあざ笑うかのように
新たなる苦難が菫を襲う!

菫相談室の明日はどっちだ!

<バックナンバー>
第01話はこれだよ!!

<登場人物>
宮永照,弘世菫,大星淡,渋谷尭深,亦野誠子(チーム虎姫,白糸台),福与恒子

<症状>
照が軽いヤンデレ。尭深が驚きの黒さに。
亦野が驚きの薄さに。

<その他>
※ギャグです。
※キャラ崩壊が激しいのでご注意

--------------------------------------------------------



ガチャッ!!

菫「くそっ!くそっ!!上の人間は
  現場のことがわかってないんだ!!」

照「入ってくるなり中間管理職みたいな
  セリフを吐いてどうしたの」

菫「お前にだけは話したくない!」

尭深「菫相談室で宮永先輩と淡ちゃんが
   入室禁止になっているのが
   撤回されたんですよ」

淡「マジで!?」

照「これは朗報」

菫「『部の一体感を醸成するための相談室で
   仲間外れを作るのはよろしくない』だとさ!!」

誠子「はぁ…それで冒頭のセリフですか」

尭深「まぁ、事情を知らなければ
   確かにもっともな理由ですね」

菫「入室第一号に強姦されそうになったんだぞ!
  普通なら相談室入室禁止どころか部室入室禁止、
  いや退学ものだろう!!」

照「まぁまぁ、そんなに憤らないで」

菫「原因はお前だよ!」

淡「ならば僭越(せんえつ)ながら
  私(わたくし)めが慰めを!」

菫「お前も原因だよ!!」

尭深「仕方ありませんね…なら私が」

菫「うるさいよ!お前が冷やし中華の
  犯人だってのは割れてるんだぞ!!」

尭深「それについてなんですが、
   部内アンケートを取りました」

菫「…は?」

照「内容は
 『菫相談室で冷やし中華を始めてほしいですか』」

淡「その結果、なんと回答者93人中
  93人が『はい』でした!!」

誠子「なんという一体感」

尭深「弘世先輩。安心してください。
   これなら間違いなく儲かりますよ」

菫「儲かるかどうか
  心配してたんじゃないんだよ!!」

菫「まったく!ともかく、あの相談室は
  元々交流が少ない部員の相談に乗る場なんだ!
  看板の入室禁止事項は撤回するが、
  亦野以外の虎姫は入ってくるなよ!」

照「…わかった」

淡「かしこまった!」

尭深「わかりました」

菫「うるさい!反論しても駄目だ…
  って、あれ?わかった?」

照「いや、だからわかったって
  言ってるでしょ」

菫「…本当にか?お前ら、
  ちゃんと正しく理解できてるか?
  『押すなよ、絶対に押すなよ!』じゃないぞ?」

淡「違うの!?」

菫「馬鹿が一人かかったが…
  尭深、お前もわかってるな?」

尭深「私はそもそもまだ一度も行ってませんよ」

菫「ぐっ」

誠子「まぁまぁ、この際だから
   私も含めて虎姫は全面禁止にしましょう」

菫「…亦野はかまわないんだが…
  まぁ、そうするか。ずっと禁止とは言わんが、
  少なくとも他の部員で
  手いっぱいな今のうちは遠慮してくれ」


全員「はーい」



--------------------------------------------------------



淡「でもテルー、よかったの?
  せっかく菫相談室解禁だったのに、
  あんなにあっさり諦めちゃって」

照「仕方ないよ。実際今行ったとしても
  射抜かれて強制的に退室させられるだけだし」

尭深「つまり、逆にいえば入室されても
   退室させられない状況を
   作り出せばよいということですね」

淡「たかみー!!なんか妙案が!?」

尭深「無くはないかな。
   ただ、残念ながらこの案は
   弘世先輩のストレスが
   またちょっぴり増えちゃうけど」

照「…話してみて」



--------------------------------------------------------



■ 菫相談室 ■

 ◎-開室中-◎

×宮永照,大星淡の入室を禁ず ←仕方ないから来ていい
×室員に劣情をぶつける行為を禁止します
×真面目な相談室です。冗談半分での入室は控えること。
○冷やし中華、始めました。 ←始めてない!!
×看板への落書き禁止!!



--------------------------------------------------------



菫「さて、今日も相談室を始めるか…
  最近は問題児も来ないし、正常に稼働できているな」


コンコン


菫「…でも、相談者も減らないな…はい、どうぞ」


ガチャッ!!


福与恒子「お邪魔しまーす!!」

菫「!?」

恒子「はーい今日はあのインハイ王者、
   白糸台高校麻雀部に来ています!
   今、白糸台で最もホットなのは
   この『菫の部屋』!
   今日は私(わたくし)福与恒子が
   ゲストとしてお邪魔させていただきます!」

菫「『徹○の部屋』かよ!!」

恒子「おぉっとまさかのパクッた本人から
   痛烈なツッコミが!」

菫「パクってない!というか、
  何しに来たんですか!?
  ここ、部員用の相談室なんですが…」

恒子「ふふん、あまい、
   あますぎるね、
   このシャープシューター!」

菫「射抜くぞ」

恒子「あふん!いやガチで射抜かれると
   死んでしまいます許してください」

恒子「さ、気を取り直して、
   当局が極秘で入手したこの部屋の開室案内!
   こちらをご覧いただきましょうか!」

サッ

菫「いや、書いたのは私ですから内容は把握してますが…」


--------------------------------------------------------


『 ■ 菫相談室 開室のお知らせ ■


  白糸台高校麻雀部の一体感を醸成するために、
  相談室を始めます。
  
  部活に関することであれば、
  相談の内容は問いません。
  悩み事、意見など、気軽に相談してください。
  
  
  ■開室場所:弘世菫個人ルーム
  
  ■開催時間:15:30 〜 16:00(先着順)
     
   ※混み具合により同一人物の
    連続相談は次回に回す場合があります。
   ※室員の予定により休室することがあります。
   ※開室時には部屋の前に開室を示す札を掛けます。

  ■その他
   ・相談者の相談内容は秘密として遵守します。
   ・弘世に相談できない内容は
    本人の希望に応じて
    他虎姫メンバーに伝言します。

                 弘世 菫』


--------------------------------------------------------


菫「…これが?」

恒子「部外の人間が駄目とは書いてません!」

菫「いや普通わかるでしょう!?」

恒子「はぁ…普通という名の物差しで
   この福与恒子を測れると思っているなら
   その認識を改めるべきだねシャープシューター」

菫「射抜くぞ」


ガチャッ


照「そうだよシャープシューター」

菫「なんで湧いてきた」

照「え、別にここ虎姫禁止じゃないでしょ」

菫「ぐっ…こいつっ…!謀ったな!?」

照「何のこと?」

菫「しらばっくれるつもりか…!
  とはいえ、守秘義務がある相談室で
  先客がいる時に入ってくるのは
  普通に考えてありえな」

恒子「ウェルカム!」

照「相談者が許可したから問題なしだね」


ガチャッ!!


淡「ならば私も馳せ参じよう!」

菫「スタンバッてたのかよ!!」


ガチャッ…


尭深「ふふ…取材なら入室も
   致し方なしですよね…」

恒子「あ、渋谷さんありがとう!
   おかげでシャープシューターの
   文字通りシャープなツッコミを
   ゲットできたよ!」

菫「やっぱりお前が黒幕か!!」


ガチャッ


誠子「弘世先輩…すいません…」

菫「あぁ、あぁ…亦野…こんなにも疲弊して…」

誠子「すいません…私一人ではとても…
   ツッコミきれませんでした……!」



--------------------------------------------------------



恒子「じゃぁ始めよっか。
   一応言っとくと、ちゃんと正式に学校通して
   監督さんの許可もいただいてるから
   取材だと思って諦めてね!」

菫「くそっ!くそっ!!上の人間は
  現場のことがわかってないんだ!!」

淡「出た!中間管理職発言!」

照「菫、カメラ回ってるよ?」

恒子「あはは、もっと素を出してくれていいよー、
   その方が視聴率稼げるから。
   ちなみに、普段はどんな相談が多いのかな?」

菫「…まぁ、一部の例外を除けば、
  やはり自身の成長についての相談が多いですね。
  伸び悩んでいるがどうしたらいいか、
  魔物に対抗するにはどうしたらいいのか、
  あたりが…」

誠子「真面目な相談もあったんですね。
   魔物対策、私も聞きたいくらいです」

淡「魔物に対抗したかったら
  自分も魔物になるしかないよねー」

照「相手をよく観察して、性質を探るといいよ。
  魔物とはいえ完全無欠の能力はそうないから。
  必ず何かしらデメリットがあることが多い」

菫「…まぁ、そんなところだな。
  後、一番大事なのは諦めない心だ。
  精神論と揶揄(やゆ)されることも多いが、
  魔物との勝負は結局のところ
  心の強さが最も重要だと思う。
  支配力に直結するからな」

尭深「参考になります」

恒子「なるほど、けっこう
   真面目な相談室なんですね!」

菫「もちろんです」

恒子「じゃぁ、面白そうな
   一部の例外の方もお願いします!」

菫「守秘義務がありますので」

尭深「最近だと、
  『弘世先輩が冷やし中華を作ってくれない』ですね」

恒子「何それ気になる」

菫「ははっ、そんな相談受けた覚えありませんよ?」

照「アンケートによると回答者
  93人中93人全員が望んでるんですが…」

菫「おい聞けよ」

尭深「弘世先輩が頑なに拒み続けてるんですよね…」

淡「せっかく部が一つになろうとしてるのにね…」

菫「そんな一体感はいらん!
  お前らは麻雀部の部長に
  何を求めてるんだ!」

淡「もちろん冷やし中華!」

菫「コンビニでも行け!!」

照「後は…そうだ、菫が恥ずかしがって
  私のプロポーズを受けてくれな「カーット!!」

菫「お前越えちゃいけないライン考えろよ!
  よりによってこの
  情報垂れ流しアナウンサーの前で
  何をぶっちゃけようとしてるんだ!!」

恒子「垂れ流しますぞ!」

菫「罵倒してるんだから否定しろよ!!」

照「…実のところ、私と菫は付き合って「カァーット!!!」

菫「福与アナ!言っておきますけど
  今のは照の冗談でそういった
  事実は一切ありませんので!
  いいですね!?」

照「押すなよ、絶対に押すなよ!」

尭深「押すなよ、絶対に押すなよ!」

恒子「なるほどよくわかりました!」

菫「ちゃんと正しく理解しましたか!?
  後そこの二人いい加減にしないと射抜くぞ!」

照「きゃー♪」

尭深「きゃー♪」

恒子「この際だから隠してた真実
   他にも暴露しちゃわないかな!?」

菫「今の情報に真実は何一つない!!」


……



--------------------------------------------------------



『今激アツ!! 白糸台高校 菫相談室!!(別名 菫の部屋)

  今日は白糸台高校麻雀部の部長である
  シャープシューター(別名 弘世菫さん)が
  運営している相談室にお邪魔したよ!!
 
  ●高校最強のチーム虎姫は意外にアットホーム?
  ●シャープシューター、冷やし中華を拒否。
  ●最強ツートップ、実は結婚目前!?
 
  などなど、ちょー極秘情報がてんこ盛り!!
 
  詳しくはこっちの動画をクリックだ!!

                by こーこスタジオ 』



--------------------------------------------------------



菫「くそっ…くそっ…あのアナウンサー、
  包み隠さず全部公開するとは…!!」

照「福与アナなら仕方がない」

尭深「目をつけられた時点でアウトでしたね」

菫「その目を向けさせたのはお前だろう!」

照「まぁまぁ。今回はちょっと
  やりすぎたと思ってるから
  当分は大人しくしてるよ」

淡「あの発言のおかげで
  菫先輩に告白する人激減したもんね!」

照「ようやく皆、菫は
  私のものという事実を認め始めた」

菫「そんな事実はない!
  …というか照、
  さっきのセリフ忘れるなよ?
  というか、当分と言わず、
  ぶっちゃけもう
  閉室されるまで来るなよ?」

尭深「『取材という一つの試練を乗り越えた菫相談室。
   だがしかし、その存在が
   世間に露見したことにより
   かの部屋はさらなる巨大な災禍に
   巻き込まれることになる…!』」


菫「不吉なナレーションを入れるな!!」



--------------------------------------------------------


続く!!
 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2014年08月01日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント
相談室みたいな形、面白かったです。
Posted by 鷹 at 2014年08月01日 21:10
ありがとうございます。
この形式は書きやすいのでこれからもいろんなキャラを登場させていく予定です。
Posted by 管理人(ぷちどろっぷ) at 2014年08月07日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102046234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。
 
人気ブログランキング