現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。
欲しいものリスト公開中です。
(amazonで気軽に支援できます。ブログ継続の原動力となりますのでよろしければ。
『リスト作成の経緯はこちら』)

【作品設定紹介】【咲SS:久咲】堕ちる。深く、深く。

【作品設定紹介】【咲SS:久咲】堕ちる。深く、深く。

本ブログのSSは、無駄に長くなるので
記事の中に後書きなどは
入れないようにしています。

とはいえ、作中で全て設定や伏線を
回収しているわけではないので、
細かく知りたいという奇特な方もいるかもしれません。
何より、SSを書いている本人が
続き物の設定を忘れるという
愚挙を犯す可能性があります。

というわけで、作品の記事とは別枠で
そのSSの作品紹介を掲示します。

興味のない人は退散を。

※これだけ読んでも意味不明なので
 ぜひ先に本編をお読みいただけると幸いです

※ここで紹介している設定はあくまで
 当ブログ作品に関する設定のため、
 原作世界とは全然関係がないのでご注意ください。

※興味のある奇特な方は、
 当ブログ内の検索で【作品設定紹介】で検索すると
 まとめて読みやすいと思います。

※かなり詳細に記述しているので
 むしろ食傷気味になる方の方が多そうですが、
 質問などがあればコメント欄に記述いただければ
 そのうち回答するかもしれません。

--------------------------------------------------------
シリアス系としてはこれは2作品目となります。
テーマは、ミイラ取りがミイラ。


------------------------------------------
【作中より前の人物設定】
------------------------------------------
以下、作中以前の時系列上の人物設定です。
咲原作から勝手に変えちゃってる点が
多分にあります。すいません。

<竹井久>
本作品における中心人物です。
性格は明るく、優しく、姉御肌。
割とちゃらんぽらんですが
根っこの部分では真面目。

ただし、中学校の時両親の離婚が離婚したことが
彼女の中にとって一つの転機となります。

折しも彼女にとっての心の支えであった
麻雀大会時に起き、大会を
棄権しなければいけなかったこと。
どん底の時に、誰も親身になって
手を差し伸べてくれなかった
(と彼女自身は考えている)こと。

それは、彼女にとって非常につらいことでしたが
彼女は自力で立ち直りました。

しかしながら、それでも
過去の思い出として消化しきることはできず、
いまだにそれは彼女の中に
暗い影を落としています。


<宮永咲>
本作品における中心人物その2です。
性格は本来純粋で、素直で、大人しい、いい子。

ただし、年相応に人懐っこい時期に
宮永照に依存されてしまったために、
依存し返してしまい、
重度の依存症に陥ってしまいます。


<宮永照>
本作品における事件の発端です。

人間の性格の機微に敏感だった彼女は、
自分たち宮永家の人間が他と少し違う事を
幼いことから正確に理解していました。

そのことは彼女に孤独感を与え、
それは同類である妹の宮永咲への
依存という形を成します。

小学校の高学年に上がる頃に
医師の診断を受け重度の依存症であると
診断を受け、そのために両親は
引っ越しによる妹との別離という強硬手段を
取ることになりました。

しかし、宮永照の依存症は治ることがなく、
頻繁に自殺未遂を繰り返すため、
発作を抑えるための投薬が必要でした。


<弘世菫>
実は本作品における一番の苦労人です。

彼女自身は唯一他の主要人物とは違い、
精神的に異常な点は見当たりません。

もっとも、かの宮永照を見捨てることなく
しかも自身が壊れることなく
支え切れているという点で、
やはり彼女も普通とは逸脱した存在です。

そんな彼女は持ち前の苦労人体質と、
他人の不幸を放置できないヒーロー気質から、
宮永照の世話を焼くことになります。

彼女のおかげで、高校に入ってから
宮永照の症状は少しずつ軽減されていきます。
しかしそれは依存をやめて自律する方向で
快方に向かっているのではなく、
依存の対象が宮永咲から
弘世菫に移っているに過ぎません。

弘世菫自身はそのことについては
致し方なしと捉えています。

何度も彼女の自殺未遂を目の当たりにし、
鼻からチューブを通しもがき苦しむ
彼女の姿を見ている彼女からすれば
「依存で済むならまだまし」
くらいの認識です。


------------------------------------------
【作中の解説】
------------------------------------------

竹井久が宮永咲と出会います。

初期のころ、竹井久は、宮永咲に奇妙な魅力と、
言い知れない恐怖を感じていました。

この時期の宮永咲は姉である宮永照に拒絶され、
生きる意味を見失っています。
死ぬほどの勇気もなかった彼女は
だらだらと生きていますが、
唯一読書だけが彼女の拠り所でした。

しかしながら、絶望に浸る彼女は
明るい文学作品を直視することができず、
その嗜好は暗い結末の作品に偏っています。

夕陽に対する感想や、夏の夜が苦手な理由も
同様に、絶望からくるものです。

それは、かつて竹井久が人生に絶望し
救いを求めていた時と偶然にも同じ傾向でした。

竹井久は、全てを諦めて
もう終わってほしいと考えつつも
誰かの救いを切実に願っている彼女に、
かつての自分の姿を見出します。

そんな彼女に強いシンパシーを覚える一方で、
彼女に触れることでかつての
弱い自分に戻ってしまうのではと
考えた竹井久は、
彼女のことを恐れていました。

逆に、宮永咲は自身と似通った
側面を持つ竹井久に
少しずつ安らぎを覚えていきます。
自身と同じ感性を持つ彼女となら、
離れることなく一緒に
居られるのではないかと考えたためです。




恐れながらも宮永咲と交流を重ねるうちに、
竹井久の中では、
徐々に恐怖よりも彼女を救いたい気持ちが
上回ってくるようになります。

それでも、彼女自身が絶望の淵にあった時、
誰も手を差し伸べてくれなかった事実が、
竹井久をためらわせました。

竹井久は自身の体験を「試練」と考えており、
ここで宮永咲に手を貸すことは
「逆に悪影響を及ぼす」と考えていたのです。

この考え自体は決して
間違いではありませんでしたが、
彼女はそれを最後まで
貫くことはできませんでした。




話は宮永照の記者会見により急展開を迎えます。
宮永照がテレビ中で、
「私に妹は居ない」と断言したためです。

これ自体は、宮永照に悪意はなく、
かかりつけの医者に促されたのが原因でした。

作中にも説明がありますが、
最後のインターハイで宮永咲の名前を見つけた彼女は、
まだ宮永咲が自分に依存していると考えたのです。
そして、それは実際に正解でした。

そのことをかかりつけの医師に相談した彼女は、
きっぱりと妹の行為を否定することを指示されます。

なお、この医師はヤブです。
医師は、宮永照の発言が妹に与える影響よりも、
妹が接触してくることによって
彼女が悪い方向に向かうことを恐れました。
このため、宮永咲が姉を求めて
インターハイに出場することを
阻止しようとしたのです。

本来宮永照は聡明な人物ですが、
この時相当に動揺していたこと、
投薬により思考能力が低下していたこと、
また医師の言う事(妹を自分の呪縛から解き放つ)は
表面的には的を射ている発言でもあったため、
その言葉が与える影響を考慮できず
記者会見でそのまま発現してしまったのです。


結果、宮永咲は人生に完全に絶望し、
飛び降り自殺を試みようとします。
そのあまりに強烈な悲しみは、
竹井久の中にくすぶっていたかつての絶望を
完全に呼び起こしてしまいました。

宮永咲に強く共感し、自身が
手を差し伸べられなかったことに
後悔した竹井久は、せめて自分も
一緒に死ぬことを提案します。

なお、作中では「私をお姉さんにしてほしい」と言いつつも
結局飛び降りてしまっていますが、
この時竹井久がその方向で説得を続けていれば、
宮永咲は自殺未遂を取りやめていました。

宮永咲は、この時点で少なからず
竹井久にも依存していたのです。

曲がりなりにも彼女を会話できる状態にまで
戻すことができたのがその証拠です。

もしここにいたのが染谷まこや原村和であれば、
宮永咲は正気に戻ることはできず
そのまま飛び降りていたでしょう。

ですが、竹井久は説得を諦め、
「もし生きられたらやり直す」という
願掛けをしてしまいました。
それは、竹井久の正常な心を
自ら完全に破壊してしまう行為でした。




結果的に彼女たちは生き延びることができました。
結局のところ、彼女たち自身が「死にたくない」と
考えていたためです。

これについて竹井久は「奇跡的」と表現していますが、
実は奇跡でも何でもありません。

「竹井久が飛び降りても助かるという
 悪待ちの手を打った」

それだけのことでした。
彼女は彼女の能力によって
助かるべくして助かったのです。
もちろん、オカルトを認めない
世間一般的な観点で見れば
奇跡には違いありませんが。




助かった彼女たちは、日常に戻ります。
しかしながら、実際には彼女たちの中身は
以前とは大きく様変わりしていました。

竹井久は、生き残ったら残りの人生を全て
宮永咲のために使うと決めていました。
これは普通の人間からは考えられない決断ですが、
彼女は屋上で自殺未遂をした時に
完全に壊れてしまったのです。

彼女は宮永咲を自身が救う対象としてみなしていますが、
つまりは生きる目的が宮永咲となったわけであり、
それは宮永咲をも上回る依存に他なりません。


一方、宮永咲はこの時点で宮永照の依存から脱却します。
しかしながら、それ以上により強く、
竹井久に依存することになりました。

一緒に死んでくれたという事実が、
「竹井久は死んでも宮永咲から離れていかない」
ことの証明になりました。
これは宮永咲にとって、その他の全てを
かなぐり捨ててでも手に入れたいと考えていた安心でした。

後不安なのは、外的な因子のみです。
この時点での彼女は、ようやく手に入れた平穏が、
他の者によって脅かされることに強い恐怖を抱いています。

また、宮永咲のこの猜疑は
そこまで大きく間違ってはいません。
事実、染谷まこと原村和は
深くを知らされていないため、
また彼女たちが突発的に
自殺するのではないかと疑っています。
できれば二人を二人きりにすることは
避けたいと考えています。
無論、それは純然たる善意からくるものですが。

宮永咲が学校をやめたいと言ったのは、
竹井久以外の接点を断ち切れば
そういった外的な影響を
受けることがないという考えからです。
なお、この時点での彼女は
インターハイにまったく興味がありません。
無理して宮永照に会う必要がなくかったからです。




そんな宮永咲に対して、
中学校の時に両親の離婚を経験し、
宮永咲よりもはるかに社会的な仕組みを知っている
竹井久は、現状維持を提案します。

それは、決して及び腰で
現状維持を願っているわけではなく、
現実的な観点で突き詰めていっても、
今の状態が一番宮永咲を
幸せにできるという判断からでした。

事実、高校中退の少女二人では、
定住する宿すらまともに
確保できなかったでしょう。
悲惨な結末になることは目に見えています。

とはいえ、このままの状態では
宮永咲の不安を断ち切れないことも
理解しているため、彼女は
何らかの手段を考える必要がありました。

しかしながら、加治木ゆみの説得により
結局彼女は現状維持を選ぶことになります。

ちなみに、加治木ゆみはこの時
竹井久が狂ってしまっていることを
正確に理解していましたが、
彼女のことを強くいさめることはしませんでした。
彼女は非常に理知的で真面目な人物でもありますが、
それでいて清濁併せ呑む鷹揚さも持ち合わせいます。

竹井久が加治木ゆみに相談したのはそのためです。

彼女自身が二人だけの
破滅の道への魅力を断ち切るためには、
今の人間関係を断つべきではないと
実感できることが必要であり、
そのために彼女は加治木ゆみに会ったのです。

竹井久にとっては、
実のところ相談は二の次で、
今の自分たちをそのまま
受け入れてくれる人物に会うことが
大切だったのです。




目標を再確認した彼女たちは、
順調に全国大会を勝ち進みます。
この辺は原作と変わりありません。

ただし、この時宮永照は彼女たち…特に
宮永咲を観察しています。
宮永照は宮永咲の中に、
自分への依存心が残っていないかを
確認していたのです。

しかし、インターハイに登場した宮永咲は、
宮永照の予想をはるかに超えて、
完全に宮永照への依存を克服していました。

そして、宮永照はその観察眼で、
宮永咲の中に竹井久の
存在があることを認識します。

これがわかった理由は二人の間に
互いのオーラが残り香のように残っていたためです。
なお、この世界ではオーラは
その人が持つ匂いのようなものであり、
特別な効果を持つものではありません。




宮永咲が宮永照を克服したという事実は、
彼女にとって喜ばしい出来事でしたが、
同時に耐えがたい苦痛でもありました。

その事実を知った彼女は
飛躍的に薬の量を増やします。
そうしなければ彼女は耐えられなかったのです。

それでも、根っこの部分で善良な彼女は
今こそ自身も妹への依存を
断ち切ろうと考えます。
それは、他ならぬ妹の幸せのためです。

このため、宮永照は弘世菫にお願いして
二人を呼び出してもらいます。
本人が来れなかった理由は単純で、
決別に備えて大量の薬を飲み干した彼女は、
まともに歩くこともできなかったのです。




突然の訪問者に驚きつつも、
竹井久は弘世菫に明確な殺意をあらわにします。
竹井久にとって、宮永照は
自分の命より大切な宮永咲を
自殺に追い込んだ張本人であり、
それでいて自分から宮永咲を奪いうる
ライバルであるからです。

しかしながら、竹井久の心配とは対照的に、
この時宮永咲は全く逆のことを考えていました。

彼女はこの会合を
「姉との関係を正常化し、
 竹井久と共に歩むための儀式」と
捉えていたのです。




二人との対面を成した宮永照は、
ソファーにもたれかかりながら二人を出迎えます。
これは、先ほど述べた通り、
彼女がこれから来る決別に備えて
大量の薬を服薬したためです。
彼女は自力で立ち上がることもできませんでした。

そこまでして彼女が成そうとしたことは、
「自分の依存症は完治し、宮永咲と離れても大丈夫」
だということを証明し、
「宮永咲に自分に縛られない別の人生を歩んでもらう」
ことでした。

しかしながら、意識が混濁している彼女は
上辺をとりつくろうことはできませんでした。

自分が宮永咲を克服した経緯を
話すはずだった独白は、
むしろ今後の彼女の破滅を思い浮かばせる
内容となってしまいました。




とはいえ、実際のところ
宮永咲が宮永照への依存を断ち切り、
宮永照がまた宮永咲への依存を
克服しようとしている時点で、
すでに大仕事の大半は終わっています。

宮永咲は宮永照を抱き寄せますが、
それは宮永咲からすれば
普通の姉妹関係の愛情のような
正常なものです。

宮永照にしても、高校時代の長い間を
宮永咲なしで過ごし、
今も弘世菫の存在が彼女を助けているので、
今回の会合により後は快方に向かうでしょう。




弘世菫にとって、
この結末は願ってやまないものでした。

現在の彼女たちの関係は、
以前の依存状態とはまた異なるものです。
そこには、姉妹関係に限って言えば、
一般的に正常な関係に戻ることができる
兆しが見て取れます。

出会った当初から宮永照(自殺未遂)を
見続けてきた彼女からすれば、
この結末は理想的なものでした。

この結末は弘世菫なくしては
あり得ないものでしたが、
それでも彼女一人では
決して成し得ないものでした。
それゆえ、彼女は竹井久に
深く感謝しています。




逆に、竹井久はこの展開に
絶望を感じざるをえませんでした。

元々相思相愛だった姉妹が
第三者の正義感で引き離されて、
苦労した結果復縁できた。

余計なことをする第三者が存在しなければ
問題すら起きなかったのです。

彼女たちが元の関係に戻った結果、
自分の存在は不要になって
捨てられるのではないか、
そんな恐怖に支配されてしまいます。




しかしながら、宮永咲が
竹井久に抱いていた思いは、
宮永照へのそれとは別のものでした。

元々宮永咲が竹井久に惹かれた理由は、
彼女が姉に似ていたからではありません。
彼女が自分と同じ弱さを持ち、
共感でき、共に支えあいながら生きていける、
そして最後には一緒に死んでくれる。

そんなところに惹かれたのです。
妹の幸せのためにあえて
離れようとしている宮永照では
竹井久の代替にはなりません。


事実、彼女は自殺未遂後も
竹井久のことを「部長」と呼び続け、
「お姉ちゃん」と呼んだことは
一度もありませんでした。

彼女は姉との会合で、
無意識的に竹井久に抱いていた思いに、
はっきりと気づきました。

そして、宮永咲はその思いを包み隠さず
竹井久に打ち明け、結果二人は結ばれます。




後は作中でもはしょった通り、
もうエピローグです。
決勝において宮永照が猛威をふるっていますが、
これは咲と決別することなく、
かつ良好な関係に戻れたことによるものです。

展開としてはあの日加治木ゆみが想定した通り、
序盤で窮地に陥った清澄を
竹井久が救い出す展開となっています。
この展開は、優勝こそ逃しましたが
清澄に竹井ありという
絶大なアピールとなりました。

結果、竹井久の元には
思惑通りプロへのオファーが
舞い込むことになります。

そして予定通り、竹井久はプロになり、
宮永咲は見習い兼マネージャーとなりました。
その後は、順風満帆の人生を送ります。

ちなみに、思いの強さが大きく作用するこの世界では、
宮永照、弘世菫、竹井久の麻雀における強さは
原作よりもさらに強固なものになっています。
本作中での3人の強さは割とイーブンです。
竹井久が宮永照に勝ったことがあるのもこのためです。




なお、宮永照と弘世菫の関係ですが、
作中にあるように実のところ弘世菫には
同性愛の性質はありません。
とはいうものの、自分に依存しきった
宮永照を見捨てるつもりもないので、
だらだらと一緒にいます。

宮永照にとっても、ずっと一緒に居られれば
結婚はそこまで大きなファクターではありません。




最後に、竹井久と宮永咲の依存は、
最期まで治りません。

彼女たちにとって宮永照と弘世菫は、
自分たちを引き裂かないという
安心が確立された稀有な存在ですが、
それでも互いの代替になりうる
存在ではありません。

やがて、どちらかに死期が訪れた時には
仮に宮永照と弘世菫がどれだけ止めようとも、
当然のように二人で逝ってしまうのでしょう。
(もっとも、二人をよく理解している
 宮永照と弘世菫はそもそも止めようとも
 しないでしょうが)

それでも、彼女たちにとっては
それが最も幸せな結末なのです。

竹井久は最後に自問します。

「これはハッピーエンドなのか?」

世間一般の基準で言えば、
狂気に満たされた彼女たちの結末は
手放しで喜べるものではないでしょう。

それでも、彼女はこう締めます。

「うん、文句なしにハッピーエンドだわ」

と。
そう、これはハッピーエンドの物語なのです。


 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2014年08月04日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント

初めまして!
今日このブログを見つけました!
自分もヤンデレや共依存系の話が大好きなのでブックマークに追加させて頂きました。
これからも楽しみに待ってます!!

Posted by ひろ at 2014年08月05日 04:38
ありがとうございます!
最近ちょっと忙しすぎて毎日更新が途絶えてしまいましたが、それなりに更新していきますのでこれからもご愛読のほど!
Posted by 管理人(ぷちどろっぷ) at 2014年08月07日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102120452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。
 
人気ブログランキング