現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。
欲しいものリスト公開中です。
(amazonで気軽に支援できます。ブログ継続の原動力となりますのでよろしければ。
『リスト作成の経緯はこちら』)

【咲SS】尭深「…弘世先輩が主人公のゲームを作りました…」【ヤンデレ】

<あらすじ>
夢で見た超小ネタ。

淡「たかみーが菫先輩のゲームを作って
  菫先輩で遊ぶんだって!」

<登場人物>
弘世菫,宮永照,大星淡,渋谷尭深,松実宥

<症状>
・照、淡、宥がヤンデレ
・尭深が驚きの黒さに。

<その他>
※ギャグよりのカオス。割と狂気。

■途中で表示されるAAは
 『やる夫AA録2』様(http://yaruo.b4t.jp/index.php
 からお借りしました!ありがとうございます!

--------------------------------------------------------



尭深「…弘世先輩を主人公にした
   恋愛アドベンチャーゲームを作ってみました」つDVD

照「ちなみに私も手伝った」

淡「私も横で茶茶を入れた!」

宥「わ、私もプログラムしたよ」

菫「……」

尭深「…さすがにモデルにした人に報告せず
   一般配布するのはどうかと思ったので、
   一応検閲をお願いします」つDVD

菫「…やらないで叩き割っちゃ駄目か?」

尭深「…その場合は黙認されたと判断し
   即座にインターネットで配布します。
   ちなみに、元データは私の家にあるので
   これを叩き割っても無駄ですよ?」

菫「くそっ!なんて余計なものを作ってくれたんだ!」

淡「まあまあ、文句を言う前にとりあえずやってみてよ!
  けっこうおもしろいと思うよ!」

照「感動の超大作」

宥「わたし、何度も泣いちゃった〜」

菫「はぁ…まあ何を言っても引かないだろうから
  とりあえずやってやるが…
  どうせろくでもない内容だろうから、
  絶対に配布するなよ?」

照「そういうことはやってから言ってほしい」


…ウィーン…


ジャーン!!
---------------------------------------------------
『ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れない弘世菫』
---------------------------------------------------


菫「よし、叩き割ろう」

淡「それを叩き割るなんてとんでもない!」

尭深「…もう手遅れですよ?
   タイトル画面が表示された時点で
   自動的にインストールされていて、
   クリアするまでは削除できないように
   プロテクトがかかりますから」

菫「新手のウィルスじゃないか!?」

照「まあまあ、諦めてゲームを始めなよ」

菫「くそっ!…まずはヒロインを選ぶのか」


----------------------------
『ヒロインを選んでください』

    →てるてる
     あわあわ
     ゆうねえ

----------------------------


菫「ろくな選択肢がない」

淡「ひどい!」

宥「ちなみにメインヒロインは
  一番下の『ゆうねえ』さんだよー?」

照「いや、『てるてる』がメインヒロインなのは
  表示順からしても明らか」

淡「むしろど真ん中がメインなんじゃない?
  センターだよ!センター!」

尭深「…誰がメインかは別として、
   『ゆうねえ』を選んだ方が
   生存率は上がりますね」

菫「…これ恋愛アドベンチャーなんだよな?」

照「そうだけど?」

菫「なんで『生存率』なんて単語が出てくるんだ?」

淡「何か変?」

菫「…まあいい。とりあえず
  めんどくさいからデフォルトで行くぞ」


----------------------------
『ヒロインを選んでください』
   ピッ
    →てるてる
     あわあわ
     ゆうねえ

----------------------------


照「これがメインヒロインの貫録」

淡「…ふーん」

宥「ふふっ…菫ちゃん、怖いもの知らずだね…」

菫「た、ただのゲームだからな!?
  照を選んだのも単に
  デフォルトってだけだからな!?」

尭深「…では、オープニングが始まります」


ピッ
---------------------------------------------------
私の名前は弘世菫。白糸台高校の三年生だ。
人は皆、私の事をシャープシューター菫と呼ぶ。
困ったものだ…
---------------------------------------------------


菫「わかってるならやめてくれないか?」

照「かっこいいじゃん」

宥「すっごくあったかいよ?」

尭深「…そうですよ、かっこいいですよ」目そらし

菫「おい、尭深。こっち見ろ」

淡「シャープシュート!!」

菫「やってやろうか?物理で」


ピッ
---------------------------------------------------
実はこのたび、私は親友である宮永照、
通称てるてるとめでたく結ばれた。

今日は、不慣れながらも愛情をこめた
手作りプリンを携えて、
てるてるの家に伺う予定になっている。

このプリンを食べたてるてるは私にメロメロ、
その後はしっぽりとくんずほぐれつしてやるぜ
ウッヒョヒョーウ!!
---------------------------------------------------


菫「おい、後半3行」


ピッ
---------------------------------------------------
このプリンを食べたてるてるは私にメロメロ、
その後はしっぽりとくんずほぐれつしてやるぜ
ウッヒョヒョーウ!!

『DebugMessage By Takami.S:
 と、いう文章に弘世先輩がツッコミを入れたら
 弘世先輩の負け』
---------------------------------------------------


菫「……」

尭深「…すいません、デバッグ用の
   メッセージが残ってましたね」にっこり

菫「……」ブルブル

淡「やーいひっかかってやんのー」

照「こんな簡単なトラップにひっかかるとは情けない」

宥「そ、そんな菫ちゃんもかわいいよ?」

菫「くそっ!くそっ!!
  一般配布するつもりなら内輪ネタ入れるなよ!!」

照「登場人物の時点で完全に内輪ネタでしょ」


ピッ
---------------------------------------------------
だが、どうやらこのプリンを…
いや、そもそも私自身すら狙うような輩が、
道中に待ち構えているようだ…

なんとしても無事に切り抜けて、
てるてるの元にたどり着かなければならない。

プリンと私の操を、てるてるに捧げるんだ!
---------------------------------------------------


照「…なんという熱いストーリー展開」

菫「なんだこれ。クリアしてもまったく
  報われないじゃないか。
  やる意味あるのか?」

菫「というか、プリンと私の操を同列に扱うな!!」

テッテッテーテッテーテテ
---------------------------------------------------------------------------------------
ssg_001_stage.png
---------------------------------------------------------------------------------------


菫「おい、なんかスーパーマリ○みたいな
  画面になったんだが」

尭深「…ここから横スクロールアクションです」

菫「なんでだよ!?」

尭深「…ランダムで出現する敵ヒロインを掻い潜って
   ゴールを目指してください」

菫「だからなんでだよ!?
  恋愛アドベンチャーじゃなかったのかよ!?
  なんでひげ親父の真似事をしないといけないんだ!?」

尭深「…ほら、言ってるそばから敵が
   出てきましたよ?」


---------------------------------------------------------------------------------------
−ゆうねえがあらわれた!−

 『あっ…菫ちゃんだ…捕まえなくちゃ』

ssg_002_you.png
---------------------------------------------------------------------------------------


照「…うわ、最悪」

淡「あははー、早くも終わったね、テルー」

菫「なんだその反応。こいつはそんなに強いのか?」

照「…戦ってみればわかる」チッ

菫「うわ、なんだこいつ!滅茶苦茶早いぞ!?」

菫「くそ、攻撃だ!攻撃手段はないのか!?」

尭深「…Bボタンで矢を射ることができます」

菫「よ、よし!返り討ちにしてやる!」


シュイーン
---------------------------------------------------------------------------------------
 『シャープシュート!!』

ssg_003_ss75.png
---------------------------------------------------------------------------------------


菫「通常攻撃にいちいちカットインが入るのかよ!?」

照「かっこいいからいいじゃない」

尭深「…明らかに操作性が悪くなるんですけど、
   その方が弘世先輩がイライラすると思いまして…」

菫「わざとかよ!?」

淡(実は隠し設定でオフにできるんだけどね!)


---------------------------------------------------------------------------------------
 『あったかくない』

ssg_004_miss75.png
---------------------------------------------------------------------------------------


菫「避けられるのかよ!?」

菫「しかもそうやって避けるのかよ!?」

菫「せめて飛んで避けろよ!?」

淡「三連ツッコミいただきました!」

菫「いや、これはツッコむだろ!?
  こんなの勝ち目ないじゃないか!」

尭深「…実は、ゆうねえは最強キャラなので
   序盤に出てくると勝ち目がありません」

淡「出てきたら諦めてください!」

菫「それゲームとしてどうなんだ!?」

尭深「…え?でも、私の持ってるゲームは
   全部そんな感じですけど…Wizardryとか…」

菫「そんなマニアックなゲーム知るか!」

照「菫、ゲームは続いてる!逃げて!」

菫「あ」

宥「…もう遅いよ?」


---------------------------------------------------------------------------------------
−ゆうねえにつかまりました!!−

 『菫ちゃん…捕まえたよ…?』

ssg_005_grap75.png
---------------------------------------------------------------------------------------


菫「こわっ!?ホラーか!!」

照「…菫のポンコツ」ぷぃっ

淡「いやー、これは仕方ないよテルー」


ピッ
---------------------------------------------------
矢をつがえる私の腕を、ゆうねえの左手が掴む。
刹那、彼女のマフラーがふわりと翻り、
次の瞬間、まるで意思を持っているかのように
私の身体に襲い掛かる。

マフラーは私の身体に絡みつき、
瞬く間に四肢を拘束し、私の自由を奪い取る。


「ふふっ…じゃあ、いこっか」


その細腕のどこにそんな力があるのか、
彼女は自身の体躯をはるかに上回るはずの私を
片手で軽々と持ち上げる。

私はさしたる抵抗もできないまま、
彼女に連れ去られる他なかった。


「これからは、松実館が菫ちゃんのおうちだよ?」

「二人で、ずっと、ずーっと一緒にいようね?」

「そう…ずーっと…ずーーっと…」


「菫ちゃんと一緒なら、きっと、
 とってもあったかいよ?」


心底楽しそうに、朗らかに笑うゆうねえ。
だが、その瞳には光は灯っておらず。


私は、自分の人生が終わったことを確信した。
---------------------------------------------------


菫「……」カタカタ

照「……」

淡「……」

宥「あったかーい」ぱぁぁ

尭深「…ゲームオーバーですね」


---------------------------------------------------

        Ending No.153

     道端でゆうねえにお持ち帰り♪

---------------------------------------------------

菫「153!?」

照「さあ、コンティニューしようか」

菫「え、まだ続けるのか?
  さっきのエンディングがやけに生々しくて
  現実でもありえそうな感じで
  若干トラウマになりそうなんだが」

淡「えー、こんなのまだ序の口じゃん。
  監禁されただけで死んでないし」

照「ゆうねえは後半普通に無理心中を狙ってくる」

宥「い、一応言っておくけど…
  後半ステージで心中しようとしてくるのは
  わたしだけじゃないよ?」

宥「照ちゃんや淡ちゃんだって、
  後半で捕まったら結果は同じだからね?」

菫「割と本気で泣きそうになってきたんだが」

菫「というか、冗談抜きでこれ
  クリアできるのか?
  敵が出てきたら終わりとかありえないだろ」

尭深「…序盤ではゆうねえが出ないことを
   祈るしかありませんね」

淡「私か、『いずみ』ってキャラが
  出てくるのを祈りましょう!」

菫「淡なら倒せるのか?」

尭深「…淡ちゃんは矢を避けたりしませんし、
   接触してもミスにはなりません」

尭深「ただ、接触されるとそのままくっつかれて
   一定時間歩行速度が半分になりますが」

淡「かわいいでしょ!」

照「二条さんも普通に矢の一発で撃破できるから
  まずやられないはず」


菫「そうか…淡か二条出ろ…淡か二条出ろ…」


---------------------------------------------------------------------------------------
−あわあわがあらわれた!−

 『あ、菫先輩だー♪』

ssg_006_awaawa.png
---------------------------------------------------------------------------------------

菫「よしきた!!」

尭深「ちなみに、淡ちゃんを倒すには
   3回矢をヒットさせる必要があります」

菫「よし!シャープシュート!!」Bボタン

ガスッ!
---------------------------------------------------------------------------------------
 『す、菫先輩!?痛い!?痛いよ!!
  なんで!?なんでこんなひどいことするの!?』

ssg_007_damage1.png
---------------------------------------------------------------------------------------


菫「……なんか、反応が胸に刺さるんだが」

淡「そりゃ人間が矢で射ぬかれたら
  普通こういう反応でしょ」

菫「なんでこんなところだけリアル志向なんだよ!?」

菫「くそっ…負けるものか…!」Bボタン


ガスッ!
---------------------------------------------------------------------------------------
 『あ、あはは……ごめんね…わ、わたし、
  そこまで嫌われてるとは思ってなかったんだ…
  ごめんなさい…もう、し、死んだ方がいいよね…』

ssg_008_damage2.png
---------------------------------------------------------------------------------------


菫「……」

尭深「…後、一回で淡ちゃんを殺せますよ」

菫「……」

菫「……」


---------------------------------------------------------------------------------------
−あわあわにつかまりました!!−

 『えへへ…私の事、受け入れてくるんだ…
  うれしいな…♪』

ssg_009_grap.png
---------------------------------------------------------------------------------------


淡「やったー!受け入れられたー!!」

照「…ヘタレ」

宥「…あったかくない…」

菫「仕方ないだろ!?あれでとどめ刺すとか
  どれだけ鬼畜生だよ!?」

尭深「…淡ちゃんは、設定上は強くないですが
   良心に訴えてきます」

菫「ある意味、一番倒しにくいな…」

淡「アイデアの勝利!」

宥「そんな淡ちゃんも、後半になったら
  心中しようとしてくるよ?
  殺さないと殺されるよ?
  結局殺すしかないんだよ?
  菫ちゃん?
  今のは殺すべきだったんだよ?」

菫「だからなんでお前は
  そんなにこわいんだよ!?」

菫「ま、まあ歩行スピードが半分になるだけなら
  問題ないだろ…そのうち消えるらしいし」

尭深「…つまり敵に遭遇する確率も
   高くなりますけどね」

淡「あ、ゆうねえ出た」

菫「ははっ、なんだこのクソゲー」


……


菫「よ、ようやく照の家に着いた…」

尭深「プレイ内容は自動で記録されますから、
   後で見ると面白いですよ?」

淡「もうこの時点でゆうねえに
  35回も連れ去られてるね」

宥「ふふ…菫ちゃん、やっぱり本当は
  私に捕まりたいんだよね?」

菫「私じゃなくてランダムの神の意志だろ」

照「3回いずみにやられてるのが
  菫らしいというかポンコツというか」

菫「う、うるさい!私は普段
  ゲームなんてやらないんだよ!」

尭深「…ここからはアドベンチャーモードですから
   アクションが苦手でも大丈夫ですよ」


---------------------------------------------------
玄関のチャイムを鳴らすと、
私の愛しいてるてるが姿を現した。


「菫、いらっしゃい」


そう言って、まるで天使のような
笑みを浮かべたてるてるが、
私を家の中へといざなってくれる。

促されるままにたどり着いたてるてるの部屋。
そこは、女子高生にしては
機能的な飾り気のない部屋で。

なのに、たんすの上の写真立てには、
私とのツーショットが飾られていて、
なんだかそれが気恥ずかしかった。

なんとなく居心地が悪くなって
つい目を背けた私の視界に、
てるてるの勉強机が飛び込んでくる。

私はそれを目の当たりにして、
硬直せざるを得なかった。

そう、その勉強机には…
食べかけのプッチンプ○ンが置かれていたのだ!!
---------------------------------------------------


照「…この辺りは、涙なしには読めない」ポロポロ

菫「いや、さっぱり意味がわからないんだが」

淡「テルならプリンの
  10個や20個普通に食べれるでしょ」

照「だって、せっかく手作りプリンを持ってきたのに、
  それよりおいしいプリンをすでに食べてるとか…」

宥「あ、それわかるかも…
  私も、玄ちゃんの料理と比べられたりしたら
  落ち込んじゃうよ…」

菫「私のプリンはプッチンに負ける前提なのか!?」

尭深「…選択肢です」


---------------------------------------------------
『てるてるはすでにプリンを食べている。どうする?』

 →自分の体に手作りプリンを盛り付けて価値を上げる
  手作りプリンを口移しで食べさせて味をごまかす
  人生に絶望しててるてるの家を出る
---------------------------------------------------


照「さあ、選んでほしい」

菫「なあ、照。私は一応料理も
  そこそこできるつもりなんだが…」

照「知ってる」

菫「なんでここまでしないと、
  私はプッチンプ○ンに勝てないんだ?」

照「菫のプリンがまずいわけじゃない。
  私の中でプッチンプ○ンが神に等しいだけ」

菫「……」

---------------------------------------------------
『てるてるはすでにプリンを食べている。どうする?』

  自分の体に手作りプリンを盛り付けて価値を上げる
  手作りプリンを口移しで食べさせて味をごまかす
 →人生に絶望しててるてるの家を出る
ピッ
---------------------------------------------------


照「あ…」

淡「あー」

宥「……」にっこり

尭深「…やっちゃいましたね…」

菫「すまん。間違いなく外れ回答だとは思うが、
  今回は自分の中の衝動に従った」


ピッ
---------------------------------------------------
絶望に打ちひしがれた私は、
てるてるの制止を振り切って家を飛び出した。

だが、そこに待ち構えていたのは…


「ねえ、これって二人は
 別れたってことでいいんだよねー?」

「そうだね。菫ちゃんも本当に
 てるてるちゃんのことを求めてたら、
 ここであの選択肢はないよ」

「二人が別れたなら、菫先輩は
 私達がもらっていいよね?」


狂気に染まった二人の女だった。


「でも、菫ちゃんは一人しかいない…どうしよう?」

「うーん、本当は独り占めしたいところだけど、
 仕方がない、ここは仲良く半分こしよう!」

「うん、私もそれでいいよ…
 どうやって分けよっか?」

「うーん、上下で分けると不公平感が出るし…
 真っ二つがいいんじゃない?」

「そうだね…とりあえず、松実館に行こ?
 あそこなら血が噴き出ても回収できるから」

「りょーかい!!」


二人はおよそ正気とは思えない会話を交わしながら、
私を手際よく拘束した。
動けなくなった私は、あわあわの髪の毛で
ぎりぎりと首を絞められる。

このまま意識を失ってしまえば、
私は二つに『分けられて』しまうのだろう。
だが、残念ながらすでに抗う術はない。


(すま、ない…てるてる…
 わたしが、ばか、だった…)


薄れゆく意識の中、私は自分の選択を後悔した。
---------------------------------------------------


菫「……」ガタガタガタ

照「…菫のバカ」ぷぃっ

淡「これは素直に同意するよ!」

宥「いくらなんでも、あそこで
  外に出ちゃかわいそうだよ…?」


---------------------------------------------------

        Ending No.87

    ここで外に出るとかありえないでしょ

---------------------------------------------------


菫「なんなんだよ!?ヤンデレパートが
  いちいち怖すぎだろ!?」

尭深「明らかに外れの選択ですし…
   ゲームが始まって最初の選択肢なので、
   戒めの意味も込めてきつめのエンドにしてます」

淡「私達としても不本意だけどねー」

宥「うん…菫ちゃんを切って分けるとかありえないよ…
  それやるくらいなら淡ちゃんを排除するよ」

照「いきなり逃げるヘタレは
  このくらいの罰を受けてしかるべき」

菫「……」ゾッ

菫(あれ、もしかして、この中だと照が一番ヤバいのか?)

照「さあ、コンティニューして?」


キーンコーンカーンコーン


宥「あ…」

淡「下校時間になっちゃったね」

照「…仕方がない。今日はもう帰って、
  続きは菫のパソコンでやろう」

菫「自分が主人公のゲームなんて
  パソコンに入れてたら痛すぎるんだが」

尭深「…じゃあ、もう承認という事でよいですか?
   まだ肝心の18禁シーン(性的)と
   18禁シーン(暴力)を見てませんけど」

菫「やればいいんだろう!?
  やった後は絶対に破棄してもらうからな!?」



(続かないと思う)
 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2014年10月28日 | Comment(12) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント
このゲームはいくらで買えますか?
Posted by at 2014年10月28日 19:02
続かないのか〜
ふーん
続かないのか〜まあいいけどー
続けば読みたいな〜
チラッ
Posted by at 2014年10月28日 21:01
菫のツッコミとAAが好き
Posted by at 2014年10月28日 21:07
良心に訴えかける淡にグッときた!!
自分を受け入れてもらえるか不安で、弱気なヤンデレというのも乙なものですね。例えば、相手に構って欲しい一心で自傷行為に走ったりとかね…すごくいい(これで一本書いて頂けませんかね^_^
Posted by at 2014年10月28日 21:59
これクリアしたとして、まず普通のハッピーエンドがある気がしないww
Posted by at 2014年10月28日 23:09
怖すぎっww
ENDはいくつあるんだww

続きを書いてもいいんですよ(チラッ
Posted by at 2014年10月29日 02:42
このゲームの発売日はいつですか?
Posted by at 2014年10月29日 07:06
あわあわってAAみたいな表情したことあったっけ?
Posted by at 2014年10月29日 14:20
凄く続きがやりたいんですが製品版はどこで手に入りますか?
Posted by at 2014年10月30日 17:50
コメントありがとうございます!

発売日、製品版、購入場所>
尭深「…プレイしたい方は白糸台高校麻雀部へ
   どうぞ」にっこり
淡「まだテスト中だけどね!」
菫「絶対に一般配布させないぞ!」

続かないのか…>
尭深「これ、本当に夢で見ただけなので
   夢で続きを見ることを期待してください」
菫「これを夢で見るってお前の頭どうなってるんだ」

弱気なヤンデレ>
淡「そのネタ、いただきだよ!」

普通のハッピーエンド>
淡「え?あるよ?あるに決まってるじゃん」
菫「『普通』の意味を考え直そうな?」

END>
宥「ゆうねえさんのお持ち帰りイベントが
  一応一番Noが大きいエンドだよ?」
菫「つまり153個もあるのか…馬鹿なのか?」

AAかわいい、こんな表情あったっけ?>
照「AAはそのまま使ってるのもあるけど
  基本的にはいじってる」
宥「私のハイライト消えたのとかも
  本当はないよ?」プンプン
Posted by ぷちどろっぷ(管理人) at 2014年11月01日 11:11
続き下さい。

お願いしますorz

Posted by ホーネット at 2014年12月17日 22:57
続きをお恵み下さい
Posted by at 2015年01月07日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105002520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。
 
人気ブログランキング