現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。
欲しいものリスト公開中です。
(amazonで気軽に支援できます。ブログ継続の原動力となりますのでよろしければ。
『リスト作成の経緯はこちら』)

【咲SS:照菫】菫「お前、ホント私が居ないと駄目だな」【ヤンデレ】

<あらすじ>
菫「お前、本当にポンコツだな…
  私が見ててやらないと不安でしかたがない」

照「…うん。だから、絶対目を離さないで?」にっこり

<登場人物>
宮永照,弘世菫,大星淡,渋谷尭深,亦野誠子

<症状>
・ヤンデレ(かわいい)
・依存(かわいい)

<その他>
以下のリクエストに対する作品です。
・ダメな子を演じて意中の相手をつなぎ止める系。

--------------------------------------------------------


淡「おっまたせー!」

誠子「お、おはよう。
   ちゃんと遅れずにやってきたな」

淡「そりゃ、ケーキバイキングとなれば
  遅れるわけにはいかないよ!」

淡「戦場では1分1秒が生死の境を分けるんだよ!」

誠子「まだお店は開いてすらいないけどな」

尭深「…後は、宮永先輩と弘世先輩…」

淡「あ、まだ二人とも来てないんだ?
  テルはなんとなくわかるけど、
  菫先輩が来てないのはなんか意外」

誠子「あー、淡はまだ日が浅いから
   その辺知らないのか」

淡「ん?」

尭深「…あ、来た」

……

菫「すまん。私達が最後だったか」

尭深「ちょうど待ち合わせ時間だから
   問題ありませんよ」

淡「ギリギリだけどね!」

菫「例のごとくこの馬鹿の
  世話をしていたら遅くなってな」

照「私は悪くない」

菫「うるさい!そのホーンを直すのは
  無理だって何度も言ってるだろ!」

照「菫のやり方が悪い」

淡「え、テルもしかして、髪の毛のセットとか
  菫先輩にやってもらってるの?」

菫「髪だけじゃない。朝起こすのも、
  朝ごはんも、ここまで連れてくるのもだ」

照「菫が勝手に世話を焼いてくるだけ」

菫「…いいだろう、じゃあお前、
  ここからお店まで先導しろ」

照「おまかせあれ」

誠子「あの、なんかものすごい不安なんですが」

照「菫、お店の名前教えて」

淡「そこから抑えてないの!?」

尭深「…誠子ちゃんが一斉送信した時の
   メールを見ればわかりますよ」

菫「だそうだぞ、照」

照「……」

照「何かとストレスがたまる現代社会。
  その一因をになっているのは、
  常に仕事とつながっている
  携帯電話ではないだろうか」

照「休みの時くらい、携帯電話の電源を切り、
  誰にも縛られることなく自然と調和しt」

菫「携帯忘れたんだな?」

照「忘れたんじゃない。文明からの脱却」

菫「ふん、まあいいだろう。
  店の名前はこれだ。さ、先導して見せろ」

照「菫、地図見せて」

淡「テルー、普通はお店の場所とか
  事前に自分でチェックしてくるもんなんだよ?」

照「そういうのは菫の仕事」

菫「やっぱり私がいないと駄目なんじゃないか!」

誠子「あ、あはは…まあこういう時は
   誰か一人把握してれば何とかなりますからね。
   とりあえずそろそろ行きましょう」

菫「そうだな。おい照、行くぞ」

照「ん」


ぎゅっ


淡「なんでいきなり手を繋いでるの!?
  ラブなの!?」

菫「いや、こうしておかないと、知らないうちに
  蝶を追いかけていなくなってるからな」

照「失礼な。私は小学生じゃない」

菫「前科があるとな?
  信用してもらうのは難しいんだよ」

淡「前科あるんだ…」



--------------------------------------------------------



淡「でも、照がそんなにポンコツとは知らなかったよー」

照「失礼な。やればできる。やらないだけ」

菫「それ、できない奴の常套句だからな?」

淡「でも、学校だとそんなに
  ポンコツって感じしないんだけどなぁ?」

照「ポンコツじゃない」

誠子「学校では弘世先輩が
   いつも目を光らせてるから…」

菫「こんなのでも白糸台の顔だからな…
  変なことしたら、即座に雑誌で特集組まれるだろうし」

尭深「でも、一度弘世先輩がお休みした時に
   すごい事件がありましたよね…」

誠子「あー、宮永先輩遭難事件かー」

照「亦野、その事件は封印しておこう」

淡「何それ気になる!」

菫「私が家の事情で部活を早退した時に、
  照が学校から家に帰る途中で迷子になった」

淡「いやいやいやいや、
  それはさすがにネタでしょ!?」

菫「残念ながらガチだ」

照「……」

菫「いきなり警察から電話がかかってきてな…」

菫「照の自宅から数km離れた交番で、
  『宮永さんが迷子になっているので
   迎えに来てほしい』と来た」

菫「あの時はさすがに自分の耳を疑ったよ」

照「いつも菫が送り迎えするから
  道なんか覚える必要がなかった」

淡「通学路ぐらい覚えようよ!?」

照「いつもは菫が側に居るから問題ない」

菫「というかなんで保護者への連絡で私を呼ぶんだ」

照「菫は私の保護者でしょ」

菫「だったらもっと私に感謝しろよ」

照「む…仕方がない。じゃあ、
  この食べかけのプリンを献上する」

菫「ここ食べ放題だからな?
  というか食べかけ渡すなよ」

淡(いいなー、テルの食べかけプリン)

尭深「…でも、本当にいつも一緒ですよね…」

誠子「麻雀部…いえ、学校中でも、
   お二人は付き合っているってもっぱらの噂ですよ」

淡「雑誌でも疑われてなかった?」

菫「あー、割と頻繁に質問されるな」

照「適当にお茶を濁してるけどね」

尭深「…でも、いつもきっぱり
   否定はしないんですよね」

照「否定すると、二人ともフリーってことになって
  いろいろ大変な事になる」

菫「バレンタインとか、バレンタインとか、
  後はバレンタインとかな…」

誠子「そういえば去年も段ボール箱単位で
   チョコもらってましたね…」

照「むしろ付き合ってると
  思われていた方がいろいろ都合がいい」

照「…あ、菫、ちょっと」

菫「ん?…ああ、行くぞ」

淡「あれ?二人してどこ行くの?」

菫「花摘みに」


スタスタスタ…


淡「トイレまで一緒に行くんだ…
  って、そういえば部活の時もそうだったかも」

誠子「というか、弘世先輩も
   今の一言でよくわかるよね…」

尭深「…もう熟年夫婦並みの以心伝心」

淡「でも、照がポンコツって本当なのかなぁ」

誠子「ん?どういう事?」

淡「だって、照って麻雀もできるし
  勉強だってできるじゃん。
  確か掲示板で学年上位に名前載ってたよね?」

淡「そんな人が、ポンコツになるなんて、
  逆に意識してやろうと思わないと
  できないと思うんだけど」

誠子「んー、でも勉強ができるのと
   普段の生活に応用が利くかは別問題じゃないか?」

誠子「お前だって麻雀の符計算できるくせに、
   勉強はからっきしじゃないか」

淡「それは単にやる気がないだけだよ!
  私は高校100年生だからね!」

誠子「…つまり、宮永先輩も
   やる気がないだけじゃない?」

誠子「本人もやればできるって言ってたし」

淡「むー…」

誠子「なんだ?急にむくれて」

淡「えー、だってそれって、
  結局は菫先輩がやってくれるから
  やらないってことでしょ?」

淡「逆に言えば、菫先輩が世話を焼いてくれるように
  照があえてポンコツに甘んじてるんじゃないの?」

淡「それってなんか二人の世界って
  感じがしてくやしい!私もまざりたいー!!」


……


菫「じゃあ、今日はこの辺にしておくか…
  また明後日、学校で」

照「さよなら」

尭深「…お疲れ様です」

誠子「お疲れサマサマです」

淡「まったねー」


…テクテクテク


誠子「帰る時も一緒なんだ…ま、そりゃそうか」

淡「テルと菫先輩の家って近いの?」

尭深「えーと…確かけっこう離れてたと思うけど」

淡「菫先輩もよくやるよね…
  過保護だよ、過保護!!」プンスコ



--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------



淡「あーわあわあわあーわあわー」


ガチャッ


淡「大星淡ただいま参上!!」

照「こんにちは」

菫「こんにちは…というか、
  それは挨拶なのか?」

淡「もちろんです!…なんかちらかってるけど、
  何これ?何かのチラシ?」

菫「大学紹介のパンフレットだ」

照「どこに行こうか物色中」

淡「え!?二人ともプロに行くんじゃないの!?」

菫「私は元々進学のつもりだったからな」

照「菫が進学するから進学する」

淡「ちょ、ちょっと待ってよ!?
  菫先輩はともかく、
  テルの理由はどうかと思うよ!?」

照「そんなことはない。正直、私が
  菫なしで生きていけるとは思えない」

菫「ようやく私の大切さを思い知ったか」

照「菫が下僕として優秀すぎるのが問題。
  手放すのがもったいない」

菫「召し使い扱いか」

淡「だ、駄目だ…二人とも重症だよ…」


ガチャッ

誠子「遅くなりましたー」

尭深「こんにちは」

淡「あ、助っ人参上!ちょっとタカミー、
  亦野先輩ー、聞いてよー!」

淡「テルがさー、菫先輩が大学に行くから
  自分も進学するって言うんだよー!」

尭深「……」

誠子「は、はぁ…確かに、
   その決め方はどうかと思いますが…」

菫「いや、そうは言うがな…
  正直こいつが一人でやっていけると思うか?」

照「無理」

淡「中学校までは大丈夫だったんでしょ?
  だったら何とかなるはずだよ」

照「逆に聞きたいけど、なんで
  菫と同じ道を選んだら駄目なの?」

淡「そりゃ私がプロになるからだよ!
  プロチーム虎姫とかやりたいじゃん!」

誠子「淡の意見はともかく、
   人生に直結することですから…
   友達がどう、というより自身の将来を
   見据えて決めた方がよいかと…」

尭深「……」

菫「照、お前は私抜きで考えたら、
  進学とプロどっちがいいんだ?」

照「……」

照「プロ…かな」

菫「ふむ…だったら確かに、ただ私に
  ついてくるというのは好ましくないな」

淡「そうだよ!菫先輩依存症からの脱却だよ!」

菫「私は麻薬か何かか」

照「私は別に今のままでかまわないんだけど」

誠子「まあでも、最終的にどっちを選ぶかは別として、
   もう少し自分視点で考えてみても
   いいかとは思いますよ?」

菫「そうだな…とりあえずできる辺りから始めていこう。
  まずは学校までの道のりを覚えるところからだな」

淡「それ小学校一年生レベルだよ…」

照「……」


--------------------------------------------------------



尭深「…大丈夫かな」

誠子「ん?宮永先輩の事?」

尭深「うん…急にこんな事になって」

淡「いやいや、テルだってやればできるはずだよ!
  さすがに家から学校までの道順が
  覚えられないとかありえないでしょ?」

尭深「…そうじゃなくて、淡ちゃんが言ってた方」

淡「ん?私?」

尭深「…そう。淡ちゃん、前に宮永先輩は
   意図的にポンコツを
   演じてるんじゃないかって言ってたよね?」

尭深「…私も、それは当たってると思う」

誠子「でも、それはやる能力がないわけじゃなくて
   やる気がないだけって話じゃなかったっけ?」

尭深「…宮永先輩のは、
   そういうレベルじゃないと思う」

尭深「…実は、それを裏付けする
   体験があったりするんだ…」


……


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



私がそれを知っているのは、
ちょっとした偶然でしかないのだけれど。

街を散策していた時に、
ばったり宮永先輩と鉢合わせしたことがある。

なんとなくその場の流れで
お宅に訪問することになり、
お手製料理を振る舞われることになった。

当然、宮永先輩は帰り道で
迷子になることはなかったし、
出てきた料理もおいしかった。

聞けば、宮永先輩の家庭は父親と別居状態で、
母親は遅くまで帰ってこないから
家事は専ら宮永先輩が担当しているらしかった。

つまり、宮永先輩はポンコツどころか、
麻雀も、勉強も、家事もこなせる
完璧人間なのだ。


だとすれば、そんな宮永先輩が
なぜ今、ポンコツのふりをするのか。

そんなの答えはただ一つ。
弘世先輩の気をひくため以外にありえない。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


……


淡「なるほど。やっぱりテルは
  ポンコツなんかじゃなかったんだ」

尭深「弘世先輩が絡んだ時の宮永先輩は
   いろいろと危険だから気を付けた方がいい…」

誠子「あ、そうやって言われてみると…
   二人が付き合ってるって噂の出所も、
   実は宮永先輩だって話聞いたことがあるな」

尭深「うん…だから、弘世先輩から
   宮永先輩を無理に引き離そうとすると
   何するかわからないから、
   ちょっと怖いかなって…」

尭深「宮永先輩、何気に独占欲強いから…」



--------------------------------------------------------





…宮永家。





--------------------------------------------------------



照「菫は何もわかってない」

照「菫は私の世話をするのが
  終生課された義務だというのに」

照「ちょっと周りに言われたくらいで
  私を自立させようとするなんて」

照「これは、私もポンコツっぷりに
  磨きをかける必要がある」

照「もう、菫が片時も目を離せない位に」



--------------------------------------------------------





翌日。





--------------------------------------------------------



プルルルー、プルルルー、ガチャッ


淡「はい、こちら可愛いあわあわです!」

菫『お、おい!照のやつを知らないか!?』

淡「テル?今日はまだ会ってないけど。なんかあったの?」

菫『…今日、家を出てからまだ学校に来ていない…』

菫『しかも、親御さんによると、
  朝は何も食べずに出掛けたらしい』

淡「えーと…迷子になったっって事?」

菫『……多分な…ご丁寧に携帯不携帯だし…』

淡「でも、通学路は教えたんだよね?」

菫『覚えられなかった…そういうことだろう』

菫『とりあえずは私の方で探してみるが、
  もし放課後になっても見つかってなかったら
  協力してくれないか?』

淡「ガッテン!」


ガチャッ


淡「うーん…これ、タカミーの話を考慮すれば、
  テルが菫先輩を逆に
  懲らしめようとしてるってことだよね?」

淡「だったらそんなに心配しなくてもいいよね!」



--------------------------------------------------------










--------------------------------------------------------



菫「くっ…ここにもいないか…」

菫「やっぱり、1回道を教えたくらいじゃ、
  あいつには難しかったんだ」

菫「私が余計なことを考えず、
  いつも通りあいつを迎えに行っていれば…」

菫「くそっ…無事でいてくれ…照…!」


ォォォォォォォ


菫「…っ!?」ビクンッ

菫「こ、これは…!?」


ォォォォォォォ


菫「間違いない…照のオーラだ…
  だが…路地裏!?なぜ!!」

菫「照っ!!」


ダッ



--------------------------------------------------------



菫「照!いるのか!?いるなら返事をしてくれ!」


『ぅぅ…すみ…れ…』


菫「照!大丈夫か!て…る……」

菫「…その…格好は…お前、まさか…!」

照「…大丈夫…何とか…貞操は守った…」

菫「照っ!!」


ぎゅうぅっ…


菫「すまない…私が目を離したせいで…!」

照「……怖かった」

照「もう…私を…1人にしないでほしい…」

菫「わかっている…!もう、お前を二度と
  こんな危険な目にはあわせない…!」

菫「もう…絶対に…!私のそばから離れるな」

照「…うん」ニヤリ



--------------------------------------------------------







--------------------------------------------------------



尭深「…そ、そんなことがあったんですか…」

菫「ああ…お前達の言い分ももっともだと思うが、
  また同じことがあったら私が耐えられない」

菫「照は、私が責任もって管理することにするよ」

照「そもそも私がそれを望んでいるんだから
  何も問題ない」

誠子「そうですね…お二人が納得してるのなら
   それでいいのかもしれません。
   出すぎたことを言っちゃってすいません」

菫「いや、一般論で言えば亦野の意見は正しいし、
  物怖じせず意見してくれたことは
  ありがたいと思っているよ」

淡「……」

淡「ぶー!まあ決まっちゃったなら仕方ないけどさー。
  大学卒業したらちゃんとプロ目指してよね!」

淡「二人のせいで私まで進学しないといけないんだから!」

菫「いや、別にお前はプロになればいいだろ」

淡「だって、どうせタカミーと亦野先輩も
  二人の事追っかけるんでしょ?
  だったら私だけプロになったら仲間はずれじゃん!」

淡「大学でもチーム虎姫を作ろうよ!」



--------------------------------------------------------



淡「ねえテルー、ちょっといい?」

照「何?」

淡「今回の騒動って、やっぱり芝居だったの?」

照「…なんの事?」

淡「しらばっくれても無駄だよ!
  テルがポンコツじゃないのは
  もうわかってるんだからね!」

淡「菫先輩を逃がさないために芝居したんでしょ?」

照「……」

照「迷子になったふりをして、
  路地裏に入って服を乱して
  血糊を適当に染み込ませた」

照「菫は世話焼きだし責任感が強いから、
  もう私から目を離さないはず」

照「そう、もう、一生…」

淡「……」

淡「…付き合ってるって噂を流したのもテルなの?」

照「別に意図的には流してないけど…
  告白を断る時にちょっとね」

照「『私には菫がいるから』とは言ってるかな」

照「菫は、私の発言は単に告白よけの
  カモフラージュと思ってるみたいだから、
  それなら利用させてもらおうと思ってね」

照「後は、菫の事を好きそうな子がいる時は
  できるだけべたべたくっつくようにしてる」

照「菫は私のものだから。
  身の程をわきまえてもらうように」

淡「……」

淡「えーと…もしかして、
  テルってヤンデレだったりする?」

照「そうだよ?」

淡「認めるんだ?」

照「自分が普通じゃないのは自覚してる。
  別に治そうとも思ってないけど」

照「淡と尭深はもう気づいてるみたいから
  話したけど…菫にはバラさないでね?」

淡「ガッテン!でもそのかわり、
  私に好きな人ができたら相談にのってよね!」

照「任せて。その時は、その人が淡に
  自分から囚われるようになる方法を
  たっぷりとレクチャーしてあげる」


……


菫「っくしゅんっ!!」

菫「…風邪でもないのにくしゃみが止まらないな…
  誰かに噂されているんだろうか…
  なんてな」

菫「っと、それより照を見つけないと」

菫「あいつは、私が居ないと駄目だからな」



(完)
 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2014年11月13日 | Comment(6) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント
照だけじゃなく菫さんも幸せそうだし、今回もハッピーエンドでよかった!
Posted by 上上 at 2014年11月13日 16:21
淡「あーわあわあわあーわあわー」が可愛すぎ吹いたw
自分のリクエストを完璧な形で書いてくれるってのは嬉しいもんですね
Posted by at 2014年11月13日 16:55
うぽつです
ヤンデレ照可愛すぎ
Posted by at 2014年11月13日 17:11
なんだかほのぼのに感じてしまう不思議
うまくバランスさえ調節できればこの関係でも幸せに暮らしていけそう
Posted by at 2014年11月14日 00:08
コメントありがとうございます!

ハッピーエンド>
照「これは確かにハッピーエンド」
菫「まあ…確かに誰も困ってはいないな」
淡「私が困ってるよ!?」

リクエスト>
淡「私は可愛いのです!」
照「ご期待に応えられたようで幸い」
菫「よく脱線してるからな」

ヤンデレ照>
照「照がヤンデレ照」
菫「あー、面白い面白い」
淡「でも、なんか変に響きがいいね!」

ほのぼの>
照「大丈夫。私がうまく制御する」
菫「あー、そろそろ結婚しようかなー」
照「!?相手は誰?殺す」
菫「全然制御できてないじゃないか!!」
Posted by ぷちどろっぷ(管理人) at 2014年11月15日 11:32
淡誠で続編下さい。
Posted by ホーネット at 2014年12月19日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105533199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。
 
人気ブログランキング