現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。
欲しいものリスト公開中です。
(amazonで気軽に支援できます。ブログ継続の原動力となりますのでよろしければ。
『リスト作成の経緯はこちら』)

【咲-Saki-SS感想】咲ワン関係のSS(おもに百合)感想および紹介

現在咲ワンというSS書きのイベントが開催中です。
エントリーされた作品の中から5つ気に入った作品に対して
投票して、王者を決めようというイベントです。

投票期間は8月19日〜8月21日!
たくさんSSが並んでるのでぜひ覗いてみてください!
☆第一回・咲ワン 投票用ページ★
第一回・咲ワン エントリー作品一覧

※イベント自体の宣伝はしますが
 別に私のSSに投票しなくてもいいです。
 純粋に面白いと思った作品に
 一票を投じていただけたらと思います!


…とはいうものの、ぶっちゃけ
 エントリー作品結構な量があります。
 最初のいくつかを見て読むのやめちゃう人も
 多いんじゃないかなーと思いました。

 それだとちょっと寂しいので、
 私が読んだ感想をあげる事で
 紹介文とさせていただけたらと思います。


【最初にごめんなさい】
 趣味嗜好的に2件読むのを回避しちゃいました。
 (いい悪いじゃなくて私の好みの話です。
  オリジナル主人公の色恋沙汰は苦手なのです…)

 もちろん「私の好み=皆さんの好み」ではないはずなので
 ぜひエントリー会場を眺めて
 自分の目で確かめてみてください!


--------------------------------------------------------


というわけでここから感想です。


-----------------------------------------------
咲「突然しゃべりだすから」
-----------------------------------------------
IH期間中の何気ない清澄高校の日常。
咲さんが初期咲さんっぽくて
人間味あふれてて可愛いです!
和気あいあいとした清澄っていいよね!

テンポもよくてさらっと読めるので
ファーストバッターとして
いいの来たなぁと勝手に思ってました。


-----------------------------------------------
ブルーフライデー
-----------------------------------------------
末原さんを想って一人慰める洋榎さんの話。
ぶっちゃけエロいのですが、
ただエロいんじゃなくて心の機微が
丁寧に描写されていて、
ある種の甘酸っぱさすら感じました!

末洋好きの人はもちろん、
百合好きの人なら是非是非という感じ。


-----------------------------------------------
Summer/Shrine/Sweets
-----------------------------------------------
京咲なので百合専門の人は注意。
なんで京太郎なの?なんで清澄の相手ですらなく
憧とか小蒔なの?また意味不明なハーレムもの?

…とか思ってスルーしてるのであれば
勿体ないので是非読んでみてください!
読みやすく、それでいて雰囲気たっぷりの文章。
導入もいやらしくなく惹きこまれますよ!
(って私もまだ途中までですが…
 ゆっくり読もうと思います)


タグ:京憧蒔 恋愛 三角関係


-----------------------------------------------
局地的ハッピーエンディング
-----------------------------------------------
宥菫で狂気。いろいろ語りたいのですが
ネタバレになっちゃうのでさらりと。
割と私がイメージする
はっちゃけた方の宥姉に近いですね!
ゾクゾクしました!

とはいえ多分この手の話はうちのブログでは
書かないのでうちでは物足りない
ヤンデレ狂気好きの人はぜひ!


-----------------------------------------------
臥竜
-----------------------------------------------
怜竜で恋愛。これまたなんというか、
すごく語りたいのですが…!
切なくて儚くて、でも強い。
そんな印象でした。

うちのブログが好きで、かつもう少し
健全だったらいいのに…とか
思ってる人にはぴったりかと。


-----------------------------------------------
思い出の味
-----------------------------------------------
久憧!どマイナーなカップリングですが
私は地味に好きです!
華美に豪華にいくのもありだけど、
ふとした何気ないものに幸せを感じる、
そんな優しいお話だなとほっこりしました!


-----------------------------------------------
チーム虎姫の送別会
-----------------------------------------------
タイトルとタグのとおりですね。
うちの菫相談室みたいなノリに近いので
ギャグが好きな人はぜひぜひ。

こういう流れるようでかつ
方向がどんどんずれていく感じの
だらーっとしたギャグ大好きです!


-----------------------------------------------
あなたのとりこ
-----------------------------------------------
ちょっと真面目なふくすこ。
いつもあんな感じの恒子ちゃんですが
実際こうなったら一人
悩みそうだなぁと思います。

なんというか、正統派な百合って感じで
百合姫読んでるような気分になりました(褒めてる)
百合好きはぜひぜひ!


-----------------------------------------------
まちのつき
-----------------------------------------------
結構出会ってから仲良くなって、
想いが恋愛に代わる前の友達っぽい
雰囲気が好きです。

煌と怜の言葉にしない信頼関係というか…
原作でも感じた雰囲気がそのままに。

友情…だけでもなく先輩後輩…だけでもなく。
なんというか絶妙なあいまいさが
心地よかったです!


-----------------------------------------------
穏乃「一生終わらない100回勝負!」
-----------------------------------------------
自分の作品なのでサックリ紹介。

穏淡と銘打ってますが実際には
ドタバタギャグ風味なので
ただのギャグとしてサクサクッと
ライトに楽しんでいただけたらと!


-----------------------------------------------
特別な男
-----------------------------------------------
京咲なので百合専門の人は注意。
ほろ苦いというかなんというか
考えさせられる話だなと思いました。
いい意味で京太郎の苦悩とらしさが
表現されてるんじゃないかなと思います。
目立つ存在じゃないけど
居なくなったらきっと困るよね、
みたいな。


-----------------------------------------------
あの人が想像もつかないところへ
-----------------------------------------------
若干推理小説的な雰囲気を
漂わせながらもコメディで
最後はほんわかあったかい
気持ちにさせてくれるようなお話でした!

意外に希少な咲和な上に
和が普通に和なので、
うちみたいなピンクじゃない和を
見たい人はぜひぜひ!


-----------------------------------------------
試合前夜
-----------------------------------------------
最初タグ設定を見て思いっきり
苦手な単語が並んでたので飛ばしたのですが
飛ばす必要なかったですね…。

複数チャプターになってますけど
一つ一つは短く完結してますし
非常に読みやすかったです。
敬遠されそうな項目は冒頭に
注意書きがあるのでそれをみて
判断すればよろしいかと。

前夜の心理描写という感じで
昂ったり悔んだり不安に感じたり。
なんか高校野球とかで
選手のドキュメンタリーを見てるような
感じで純粋な思いが胸に刺さりました!


-----------------------------------------------
雀女貪る蓮華
-----------------------------------------------
ごめんなさい。これは
作品の内容的にギブアップです
(冒頭の注意書きで回避なので読んでません)。
興味のある方はご自身で確認してみて下さい。

タグ:
オリキャラ R-18 ハーレム


-----------------------------------------------
卓上に積もる希望
-----------------------------------------------
ごめんなさい。正直オリキャラ苦手病なので
感想はちょっと控えます。

けど、ここまで本格的な対局描写をしている
作品は久しぶりに見ました!
牌画像でやってます!ガチです!
咲-Saki-ももちろんだけど麻雀自体が好き!
という人はぜひ読んでみてはいかがでしょう!

タグ:
有珠山高校 オリキャラ 麻雀描写多め


-----------------------------------------------
咲-Saki- 十三高合同合宿で起きた○○○消失事件
-----------------------------------------------
タグのせいでかなり敷居が高い感じになっていますが
どちらかというとインターハイの
全国編メンバーが和気あいあいと
団らんしてるお話です。
だらーんとまったりした雰囲気が
漂っていて「次はだれが出てくるかな?」
と楽しく読めました!


タグ:
三万字越え長編 
一人称視点変更×17人 日常ミステリー


-----------------------------------------------
末原「ふたりで夏祭りにいきませんか」洋榎「へ……?」
-----------------------------------------------
末原と洋榎の百合SSその2。
話自体は3年間という積み重ねを経た上での
集大成…という感じで始まりますが
文中での二人の歴史がそれとなく語られていて
読んだ後はなんだか卒業したような
ほんのりあったかい気持ちになりました。

別作品の「私たちの三年間」と一緒に読むと
なお楽しめるかも、かも!


-----------------------------------------------
咲-Saki- 優和 【期待値理論】
-----------------------------------------------
原作準拠…というか原作にもあった
エピソードを深く掘り下げていったような話です。
和と優希なら確かにこんな感じだろうなぁ、
という感じ。
意外に希少な優和なのでぜひぜひ!
この二人もっとクローズアップされるべき。


-----------------------------------------------
少しずつ、歩調を合わせてゆっくり進もう
-----------------------------------------------
正直なところ私はただ甘いだけの百合って
ちょっと苦手だったりするのですが、
この人の百合SSは甘いながらも
「うわっ、あまっ!」というよりは
「…うん、あまい」というじんわりとした
甘さなのですごく好きです。

何言ってるかよくわからないと思ったら
ぜひ読んでみてください!


-----------------------------------------------
玄「幸せ通帳?」
-----------------------------------------------
世にも奇妙な物語…みたいな感じ?
サクサク小気味よく読めて
裏切らない感じで何とも言えない
もやもやした読後感を
堪能できます(褒め言葉です)

ちょっと他とは違う切り口の
鋭い話を読みたい人はぜひ!


-----------------------------------------------
目の見えない私
-----------------------------------------------
題材自体は失明という衝撃的な内容ですが
内容自体はオーソドックスで
安心して読めました!
若干依存気味な照が可愛い。すごく可愛い。

うちのブログを好きな人なら
親和性高いと思うのでぜひ!


-----------------------------------------------
竹井久「一雀士に一体『須賀京太郎』」
-----------------------------------------------
あまりブログでは見かけないような、
どちらかというと掲示板系のノリの話でした。
タグのとおりキャラ崩壊ですし
超展開ですが謎の勢いがあるので
はっちゃけた話を読みたい人はぜひ。


タグ:
キャラ崩壊 カオス 微グロ注意


-----------------------------------------------
二条泉の恋物語
-----------------------------------------------
ごめんなさい正直ネタだと思ってました。
いや、実際ノリはギャグ長で
テンポよく進むのですが
実際にはすごく一途で切ない恋だったり…
思わず泉を応援したくなります。
いや引きますが(笑)

最終的に彼女が報われるのかどうか…
ぜひ読んでみてください!


-----------------------------------------------
月の光
-----------------------------------------------
豊音というと、こう遠野というか妖しというかで
どこか神秘的な雰囲気が漂っている気がします。

そんな、ともすれば怖れを伴う雰囲気の豊音が、
文体の綺麗さとあいまって
非常に官能的に表現されていて
ぞくぞくしました!

最初の方に出てきた「ブルーフライデー」が
えろいながらもどこか微笑ましいのに対して、
衝動的、退廃的な雰囲気が印象に残りました。


-----------------------------------------------
菫「魔が差したゆえの行動」
-----------------------------------------------
一言でいうなら「なんだこれ」(笑)
昔のまだ虎姫の詳細が判明していなかった頃、
へっぽこな照と菫が話を
どんどんあらぬ方向に引っ張っていく話が
いくつかありましたが…

あの頃の不条理ギャグの雰囲気を感じて
懐かしかったです!(褒めてます)

個人的には後半のガチ照菫も
続きを読んでみたい!


-----------------------------------------------
久咲SS
-----------------------------------------------
久咲!久咲!

久咲ってうちのブログでは圧倒的な
一番人気だったりするのですが、
意外とこの手の正統派?な感じの
二人って少ない気がします。

いつも通りの日常にふと憂鬱を感じた時に、
さりげなく支えてくれる人の存在が
あったかくて素敵だなと思いました!


-----------------------------------------------
咲-Saki- 恋愛物語
-----------------------------------------------
ごめんなさい、オリジナルキャラでかつ
男主人公との恋愛は苦手なので回避で。

タグ:恋愛 男×女


-----------------------------------------------
健夜「3対3のチーム戦?」 恒子「そう」
【咲-Saki- 3on3SSその1】
-----------------------------------------------
正直に言うと…最初の頃タイトルだけ見て

「何でこの人たちバスケしてんの」

とか思って読んでませんでしたごめんなさい!
(まぁ2年前の話ですが)

3対3の総力戦という熱い展開なのですが
それだけに登場人物も多く
最近チームが出そろったばかり。

ただそれだけのチーム編成を全部書ききるあたりに
管理人さんのヤンデr
咲-Saki-への愛がうかがえますね!
もう連載みたいに読めばいいんじゃないかな。


-----------------------------------------------
小蒔「霞ちゃんが帰ってきます!」
巴「えぇ、そうですね」
-----------------------------------------------
当時まとめサイトかどこかで読んだ時
ひどく印象に残ったのを覚えてます。

永水ってそのお役目の都合から
「誰かのために」「人生を犠牲にする」
イメージが強かったので
思わずひきこまれてしまいました。

ハッちゃんいざという時には大人な子だと
思ってるのでその点でもツボでした!


-----------------------------------------------
和(29)「終電、なくなっちゃいましたね」
-----------------------------------------------
京太郎恋愛なので百合専門の人は注意。
正直タグと冒頭の出だしで
「あ、回避対象かな」と思ったのですが…
意外にこの京太郎すごくない?鋼の精神力。
昼ドラみたいな若干ドロドロしたのとか
愛憎劇みたいなのが好きな人に。


タグ:
京咲和 三角関係 未来


-----------------------------------------------
温かさを求めて
-----------------------------------------------
セーラと泉さんの馴れ初め話。

私はひねくれてるので紆余曲折もなく
「好きです」「実は私も…!」
みたいな展開がちょっと苦手だったりします。

そのせいか、この話は「うんうん」と
頷きながら読んでました。
あまあまかと言われると違うし、
悲恋かというとそうでもない
そんな中途半端な感じが原作っぽいなと。

こういう話好きです。


-----------------------------------------------
照「まんじゅうこわい」菫「なるほど」
-----------------------------------------------
「なんだこれ」その2(笑)
ポンコツ照菫が話どんどんずらしてく系。

くっつくのかくっつかないのか、
ギャグなのかシリアスなのか
やきもきさせられる感じが癖になる人に。

私は「続きは!?ねぇ続きは!?」
みたいになりました!


-----------------------------------------------
竜華「トロちゃん」
-----------------------------------------------
元ネタの作品は知らない上に
「トロちゃん?…井上トロ?」
とか思ったのですが…

トロちゃん予想以上に
駄目な子でした(褒めてます)

短編というのもありますが
それ以上にノリが小気味よくて
するっと読めてプスッで笑える辺りが
素晴らしいです!


-----------------------------------------------
咲「さあ、夢を見よう。」
-----------------------------------------------
ちょっと変な言い方ですが、
咲-Saki-で対局の描写があるSSって
久しぶりに読んだなぁと。

雰囲気もどこかドキュメンタリーというか
ハードボイルドな感じで、
硬派な話を読みたい人は
すごくはまるんじゃないかと!
いつかこういう渋い話も書いてみたいな!


-----------------------------------------------
土用の丑の日in宮守
-----------------------------------------------
何気ない宮守の日常…のはずなのですが。
どこか狂気を感じるのは
私だけではないはず。

いろいろ妄想すると楽しいかもしれません!
私は妄想しました!


-----------------------------------------------
桃子「先輩に常に見ていてほしいっす!」
-----------------------------------------------
不器用なかじゅモモ。

人と触れ合う機会が少なかったゆえに
距離感がうまくはかれないモモと
実直ゆえに不器用なゆみさん。
この二人は青春だなぁって感じがして好きです!


-----------------------------------------------
健夜「この町から、この場所から」
-----------------------------------------------
すこやんとふくよんらしいいつも通りの
掛け合いをしながらの
でもどこか少し懐古的な雰囲気漂うお話。

ふくすこはこういう
通常会話にネタが混じる書き方は
割と多いんですけど、
その会話が無理なギャグじゃなくて
自然な感じがしました。

真面目過ぎず、やり過ぎず。
ああ、この二人らしいなぁと
ほっこりできるお話でした。


-----------------------------------------------
「デートとラムネとシャボン玉」
-----------------------------------------------
セーラと憧って言うと、
なんとなく悪友というか敵と書いて友と呼ぶ、
みたいなイメージがあるのですが。

そんなイメージを崩すことなく、
それでも二人が惹かれあっていくのが
微笑ましくてほっこりしました。

お互い純情そうでちょっとした事で
すぐ動揺しちゃうくせに、
最後は爆発してしまうのも可愛かったです!


-----------------------------------------------
グラップラー咲 -全国編-
-----------------------------------------------
最上級に「なんだこれ」でした(笑)
いや正直もう一つの方の作品を知らないので
ちょっと入り込めないかなーとか思ってたんですが…

そういうレベルの話じゃないです。
意味わかんないです(褒めてます)
頭おかしいです(褒めてます)

なんというか、「どう考えてもおかしいでしょ」
的な事を物凄く真剣にやるという
高度なギャグっていう感じです。
ひどい書きようですが褒めてます(笑)


タグ:
クロスオーバー 雀士に肉弾戦能力はない……
そう考えていた時期が俺にもありました 
俺達の戦いはこれからだッッッ


-----------------------------------------------
阿知賀、千里を走る
-----------------------------------------------
インターハイ後の後日談。
原作でも本当にこんな感じで
練習する風景が出てきそうだなぁと
しみじみしながら読みました。

なんとなく情景が思い浮かぶような感じで
ずっと浸っていたくなりました!


-----------------------------------------------
和・泉「「あっ」」
-----------------------------------------------
インターミドル時代に和と戦った事がある人物で
今も出てきてるのって何気に泉だけな気が。

文堂さんとかもそうなんですけど
一度は涙した人が敗北をバネに
精神的に強くなってくる話が好きなので、
ぜひ泉には頑張ってほしいなと
そんな気持ちにさせられたお話でした!

というわけで続き欲しいな!

--------------------------------------------------------
というわけでざっくり感想がてらに紹介でした。
趣味嗜好から全部の感想かけてないので
申し訳ありませんが…

ぜひ読んでみてお気に入りの作品を見つけたら、
コメントして作者さんにフィードバックすると
今後の咲-Saki-界隈がにぎやかになると思います。

ぜひぜひ!(割と切実に)

(完)
 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2015年08月18日 | Comment(3) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント
このブログに来る人ならまず百合系のお話に興味あるでしょうからへーきへーき。
Posted by at 2015年08月18日 21:36
咲日誌SSというのが面白いですよオススメです。
Posted by at 2015年08月18日 21:54
ご挨拶が遅れてしまい申し訳ありません。突然ですが、作者の@ボンボンでございます@盆@
感想コメントありがとうございます!読んでいただいてとっても嬉しいです!そうなんですよね…意外と稀少…はぁ…なぜなんだ…咲のど…orz
また咲のど人口を増やせるようにがんばります!咲ワンお疲れさまでした!
Posted by @ボンボン @盆@ at 2015年08月22日 19:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161790651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。
 
人気ブログランキング