現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。

【咲-Saki-SS:咲久】 久「そして私は、餌を貪る」【監禁】【ヤンデレ】

<あらすじ>
咲に飼われてドッグフードを食べる久。
小ネタです。


<登場人物>
宮永咲,竹井久

<症状>
・監禁
・異常行動(重度)
・ヤンデレ(重度)
・共依存(重度)

<その他>
・犯罪を助長する意図はありません。
 本作品で咲および久が行う行動は
 絶対に真似しないでください。

・Twitterでフォローしている人の中に
 久にドッグフードを食べさせたがる絵描きさんが居て
 それに触発されたネタです。
 
 久がドッグフード食べさせられるとしたら
 一体どうしてそんな状況に陥るのかと。
 というわけで私発祥ではないので私悪くない。



--------------------------------------------------------



カツン、カツン、カツン


無機質な壁、冷え切った床
静寂に包まれていた空間に足音だけが木霊する


カツン、カツン、カツン


足音は一定のリズムを刻みながら近づいてくる
不意に腹が蠕動し、咥内に唾液が溢れ始める


カツン


音が止んだ
私は垂れていた首を持ち上げる

そこにはいつものように
穏やかな表情で微笑む咲がいた


「はい、久。餌の時間だよ」


カタン、と陶器の器が床に置かれれ
ザラララ、という音と共に固形の餌が注がれていく


「まだ、まだだよ」


なみなみと餌を注いだ後
咲は手を私の眼前で広げる
数秒間の沈黙
大人しく私が待っているのを確認した後
咲は再び口を開いた


「よし。食べていいよ」


許しの合図が出るや否や
私は四つん這いのまま
皿に盛られた犬の餌を
ガツガツと音を立てて貪り始めた



--------------------------------------------------------













--------------------------------------------------------






『そして私は、餌を貪る』






--------------------------------------------------------













--------------------------------------------------------



出会った当初から、咲は少し異質な存在だった

例えばそれは、インターハイの決勝前夜
咲は瞳から光を消してこう意気込んだ


『明日は決勝戦ですね』

『そうね』

『やっと、お姉ちゃんの学校と戦える』

『お姉ちゃんの学校の大将をたたき潰せば、
 きっとお姉ちゃんも私を見てくれますよね』


自分という存在を主張すれば
親しいものを押しのければ
自分を見てもらえるという発想

咲はしばしばこういった
酷く短絡的で暴力的な発想をする事があった


『…どうかしら』


上手い言葉を返せずに
私はあいまいに返事を濁す

思えばこの時諦めず
もっと真剣に言葉を探してれば
もう少しましな展開が待っていたのかもしれない



--------------------------------------------------------













--------------------------------------------------------



咲の異常発想は、宮永照が消えてから、
さらに、さらに加速を始めた


宮永照は日本を発った
インターハイで前人未到の三連覇を成し遂げた後
まるで何かから逃げるかのように


今なら、その理由がよくわかる


姉との復縁に失敗し、
破滅的な結末を迎えた咲

そんな咲は、残った絆に固執した
これ以上心の穴が広がらないように
もう誰も、自分から離れていかないように

そんな咲にとって
麻雀部を引退する私はどのように映ったか
想像するのは難しくないだろう


『部長まで、私から逃げようとするんだ』


それは本人から直接言われた台詞
対象が姉から自分に移った事を知り
一人背筋を凍らせる


そして、私は逃げられなかった



--------------------------------------------------------



『部長まで、部長まで私から逃げようとするんだ』

『私を、麻雀部に誘ったのは部長なのに』

『酷いよ、酷すぎるよ』

『部長が居なかったら、部長が誘わなかったら』

『私だって、余計な希望を抱かなくて済んだのに』

『夢を見ずに済んだのに』

『なのに、中途半端に夢だけ与えて』

『最後は私から逃げるんだ』


『あ、あのね、咲。私は別に逃げるとかじゃなくて』

『単に部長職をまこに引き継ぐだけよ?
 学校のルールなんだから仕方ないでしょ?』


『それで、その後は卒業するんですよね』

『で、後はもう戻ってこない』

『それが逃げじゃなくて何なんですか』


『…あのね、咲。別れは誰にだって訪れるのよ?』

『それは私の感情がどうとかじゃなくて、
 そういうルールなの』

『生きてくためには進学するなりして、
 最終的には職に就かないといけないんだし』

『それとも、貴女は……』



--------------------------------------------------------






『私を一生養ってくれるとでも言うの?』






--------------------------------------------------------













--------------------------------------------------------



我ながら失言だったと思う

発想が短絡的で暴力的になった咲は
当然のように私を飼う事を選んだ

卒業式を迎え、大学生として新生活が始まるはざま
その隙間を狙って私を攫い
この、何もない牢屋へと押し込んだ

見通しが甘かった私は
こんな短絡的な行動が長続きするはずはないと
咲に服従するふりをして助けを待つ

獣のように服を剥かれて肌を晒し
ペットのように鎖に繋がれて
家畜のように四つん這いで餌を食む

いつか、いつかは終わりが来ると
助けが来る日を夢見ながら
日付の感覚がなくなり、
人としての力が少しずつ衰えていく事に慄きながら

それでも、それでも助けを待つ
そうしてずっと、助けを待って――



--------------------------------------------------------






――私がこの牢で畜生に堕ちてから

  3年の年月が流れて行った






--------------------------------------------------------













--------------------------------------------------------



もはや助けは来ないと悟った

今の私ではどのくらい
月日が経ったのかすらわからないけれど

少なくとも1年は経過したはずだ
もう行方不明者として
社会から切り離されていてもおかしくない


私はもう、咲の犬として生きるか、それとも



--------------------------------------------------------





ここで、命を絶つしかないんだ





--------------------------------------------------------













--------------------------------------------------------



もし、私が下らないプライドを捨てる事ができたなら
この生活もそこまで悪くなかったのかもしれない


ただ何もせず家畜に身を窶(やつ)せたなら
あるいは幸せと呼べたかもしれない


でも、私にもそれなりに夢があって、希望があって
なけなしのプライドがあった



--------------------------------------------------------













--------------------------------------------------------






家畜として生きるか、人として死ぬかの選択






--------------------------------------------------------






私は






--------------------------------------------------------






人としての死を選んだ






--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------



『あ゛ぁぁぁぁぁぁあ゛ぁぁあ゛っっっ!!!』


牢獄に咲の絶叫が反響する

唇から血を垂らし動かない私を見て
咲は病的な程の涙を溢れさせた


『い゛やだ、い゛やだ、い゛やだ、い゛やだぁっっ!!!』

『置い゛てかないで、置い゛てかないでよぉ゛っ!!!』



『ぅ゛ああ゛ぁぁあ゛ぁあ゛っっ!!!』



混濁して薄れる意識の中
咲が壊れた私を抱き寄せ
慟哭する姿を視界にとらえる

その姿を見て不覚にも涙が零れた

嗚呼、この子は、形はどうあれ
私の事を本当に愛していたのだと
そして私は、そんな咲を見捨てて逃げ出すのだと
悲しくて、寂しくて、腹立たしくなった


『〜〜っ!〜〜っ、……っ!!〜〜〜っ!!』


咲の喚く姿が映る
音はもう聞こえない
次に見知らぬ白衣の人間の姿が映る
私は担がれ運ばれる


今更治療したところで助かるとは思えないけれど


それでも、意識を手放す刹那
私はこう心に留めた


もし、万が一助かったとしたら
もう少し咲に優しくしてあげよう


瞳を閉じて、一筋の涙を押し出しながら
意識を闇に融かして逃げた



--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------






そして今、私は家畜として生きている






--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------



まともに喋れなくなったけど
私は一命をとりとめた

意識を取り戻した私に縋りつき
咲は涙を垂れ流しながら私に言った


『ごめんなさいっ、ごめんなさいっ…!』


ただただひたすら謝った

そんな咲の右腕には、夥しい数の赤黒い傷
死の境を越えていく私について行こうと
必死に追いすがった残滓だった



--------------------------------------------------------





それを見て、涙が止まらなくなった





--------------------------------------------------------



結局は、咲の言った通りだったのだ

咲はおかしい、狂っている
そんな事はわかっていた


わかっていたのに、私は手を差し伸べなかった


きっと心の片隅で、他人事のように考えていたのだ
自分は卒業するからと
咲には同じ年の仲間がいると
後は後輩に任せればいいと



--------------------------------------------------------






私は、逃げようとしていたのだ






--------------------------------------------------------




そして追いすがった咲を突き放し
決して心を開く事なく
最悪の方法で逃げようとした


死ぬ事で、咲から逃げようとした




--------------------------------------------------------






咲は、こんなにも私を愛してくれていたのに






--------------------------------------------------------






わからない






--------------------------------------------------------






こんなにまで、狂おしい程に私を愛してくれる人から


どうして私は逃げようとしていたんだろう





--------------------------------------------------------






変なの






--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------











--------------------------------------------------------



私は咲を受け入れた
咲がそれを望むなら、私は犬で構わない


受け入れてしまえば全てが幸せだった
何より犬は、楽だった

本能のままに咲に襲い掛かる
圧し掛かられた咲は目を見開いた

それでも拒む事はなく
やがて両腕を大きく広げ
私を包み込むように背中に腕を回した


「くぅん、くぅん」


甘ったるい声で鳴きながら
咲の柔肉を食んでいく
どろりと濁った咲の目が
蕩けて獣に堕ちていく


そうよ、もういっそ
咲も犬になってしまえばいい


二匹で盛って貪るの
ただ本能に従って
二匹寄り添いつがいで暮らすの


餌の確保?お金の都合?そんなの犬が知った事か
どうせ咲が犬になっても
世話してくれる共犯者がいるんでしょう?

もしそんなの誰もいなくって
このまま二匹揃って死ぬとしても


それはそれで、幸せな結末じゃない?


そんな狂った妄想を抱き
咲の蜜を音を立てて貪る


掻き回されて鳴き声をあげる咲は
もう私と同じ獣に堕ちているように見えた


(完)
 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2016年07月16日 | Comment(8) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント
これが30分5000字のSS…!色々な意味で狂気に染まってますね(褒め言葉) 咲さんの持つブラックホールみたいな引力は一体何なんでしょうね。
Posted by at 2016年07月16日 21:25
最高にハッピーエンドですね。
Posted by at 2016年07月17日 02:07
これはつまり、口だけでニャンニャンするワンワンプレイに突入……?
Posted by at 2016年07月17日 04:51
すいませんリクエストですが自分達を男女の夫婦だと思い込んでる百合ップルの話を書いてくれませんか。リクエストできればですがお願いいたします
Posted by イーグル at 2016年07月19日 06:43
ネタからここまで膨らませるぷちさんすごい…
Posted by at 2016年07月19日 21:09
あぁ^〜心がぴょんぴょんするんじゃぁ^〜 (末期)
Posted by at 2016年07月20日 17:33
コメントありがとうございます!

咲さんの持つブラックホール>
久「割と1巻の頃から危うかった気がするけど
  最近すごいしね…」
咲「き、きっと最終的には元気になりますから!」

最高にハッピーエンド>
久「訓練され過ぎでしょ」
咲「え、ハッピーエンドのつもりで
  書きましたけど」

口だけでニャンニャンするワンワン>
久「そう言われると一気にちょっとアレな
  プレイっぽくなるわね…」
咲「まあでもここからはただの
  あまあまイチャイチャですよね」

リクエストですが>
久「ごめんね、リクエストは最近
  リクエスト回だけにしてるの」
咲「後あまりに咲-Saki-から逸脱してる場合は
  断っちゃうかもです…ごめんなさい!」

ネタからここまで膨らませる>
咲「え、ドッグフード久さんって聞いたら
  普通功なりますよね?」
久「まず私とドッグフードを結びつける時点で
  狂人なのよ?」

心がぴょんぴょん>
久「住む世界が違うんじゃないかしら?」
咲「喜んでくれてるならいいじゃないですか」
Posted by ぷちどろっぷ(管理人) at 2016年08月02日 22:34
ドックフード……か。
意外と味が濃くてしょっぱいんだよなぁ……そして意外に慣れたら結構食べれる、というか、癖になる。

思い出すなぁ……飼われてた時代。
今は、社会にいるけど……楽だったな。

ドックフード……また、たべてみようかな……。

狂気が私を惹きつける。とても読み甲斐のあるSSでした。
Posted by at 2017年07月05日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176105128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。