現在リクエスト消化中です。リクエスト状況はこちら。
欲しいものリスト公開中です。
(amazonで気軽に支援できます。ブログ継続の原動力となりますのでよろしければ。
『リスト作成の経緯はこちら』)

【咲-Saki-SS】菫さんがなんか疲れてるSS【菫照】【欲しいものリスト贈答用】

<あらすじ>
日々の事務作業に疲れを感じ始めた菫さんが
健康グッズに手を出して虎姫のみんなに
唐突に通販番組始めるSS。

<登場人物>
宮永照,弘世菫,大星淡,渋谷尭深,亦野誠子

<症状>
・ほのぼの

※病み成分ありません。ご注意を。

<その他>
ほしいものリクエストで書く事になった
菫さんがなんか疲れてるSSです。
※自分でお題出しておいてなんですが
 思った以上に書きにくかったので
 小ネタになってしまいましたごめんなさい。
 NGだった場合は再度別のリク受けるので
 お伝えください。



--------------------------------------------------------



菫「ふう。ようやく今日の仕事が終わった」

菫「と、まだ牌譜整理と淡の始末書が残ってるな……
  もう22時だし明日にするか」

菫「よっこらしょっ……いたたたたっ!?」

菫「こ、腰がっ!!神経鞭を喰らったように痛いっ!!」

菫「ぐっ、流石に6時間座りっぱなしは腰に来るな……!
  定期的に立ってストレッチをするべきだった」

菫「って、疲れ切った中年サラリーマンか!
  齢18にしてこの状態は洒落にならないぞ!」

菫「疲れを軽減する手段を早急に探さなければ!」



--------------------------------------------------------



照「それで、寄る年波には勝てず
  健康グッズとか漁り始めたんだ」

淡「菫おばあちゃんかわいそう……」

菫「嫌な言い方をするな」

照「その、肩叩き券作ろうか?1回5分で
  ヨックモック1箱でいいよ?」

淡「あ、テルーズッコイ!
  私も菫先輩をボッタクリたい!」

照「言い方」

菫「その条件ならせめて10回分の
  回数券とかにしてくれよ。
  というか、お前達の体も相当ヤバいはずだぞ」

誠子
 「確かに。麻雀って基本座りっぱなしですもんね。
  それを毎日数時間とか」

尭深
 「…実は私も、最近肩こりと腰痛が酷くて」

淡「あー肩こりは確かにねー。
  こんな重り2つもぶら下げてたら
  そりゃ負荷も掛かるよね。
  私もよくおもちだけ雀卓に載せて
  重力を逃がしてるよ」

菫「そうだろうそうだろう。まあ、
  おもちが欠乏している人間には
  無用の悩みだろうがな。実に羨ましい事だ」

照「暗に私の胸が鉄板だって言ってる?」

菫「誰とは言ってないだろう?」

照「亦野、二人で強く生きて行こう」

誠子
 「あ、はい」

菫「まあそんなわけでだ。少しでも負担を軽減すべく、
  補助器具を使ってみるのも悪くないと思ってな。
  いくつかこれだ、というものをピックアップしてみた」

照「ふむ」

淡「見せてみたまえ。使い勝手がよければ採用してくれよう」

菫「お前には無用の長物っぽいがな。
  まず一つ目がこれだ」

照「なにこれ。長くて妙に柔らかい……棒?」

淡「はい私わかりました!
  これ、チャンバラ用の武器だよね!」

照「なるほど。殴り合いを制する事で
  ストレスと肉体の硬直を同時に解消しようと」

淡「菫先輩覚悟!」

菫「当然のように振り回すな!射貫くぞ!?」

尭深
 「…これはリストレストですね。
  キーボードの前に置いてクッションにするのかと」

照「そこまで聞いてもいまいち効能がわからない」

淡「同じく!」

菫「キーボードを叩く時、手首が曲がってると
  負荷が掛かって腱鞘炎とかの原因になるらしい。
  こいつがあると手首の角度が水平になって
  かなり負担が軽くなるぞ」

淡「私パソコンやらないからなぁ」

照「右に同じ」

菫「まあ照はもう引退して逃げ切りだろうがな。
  淡、お前は将来部長になる可能性がある。
  今のうちから使っておくといい」

淡「ふんふむ。おおー、なんか
  ふにょふにょして気持ちいい!!」

照「低反発枕のような感触」

尭深
 「……これいいですね。今までそんなに
  気にしてませんでしたけど、
  使ってみるとかなり違う気がします」

誠子
 「こうなるとマウス用も欲しいですね」

菫「マウス使う時はどうせ一時的な操作だし……と
  思って買わなかったんだがな」

菫「確かにマウスの時だけクッションがなくて
  結構気になるかもしれない」

尭深
 「…早急に予算で申請しましょう」

誠子
 「異議なし」

淡「お、おぉ……事務作業勢の目が輝いてる」

菫「お前も再来年はこうなるから楽しみにしてろ」

淡「嫌すぎる!私にも菫先輩みたいな
  何でもやってくれる親切な相方出てこないかなあ」

照「……」どやぁ…

菫「なんでお前が勝ち誇るんだ」

照「最高の健康対策は菫みたいなできる夫を
  生涯のパートナーにすえる事」

菫「否定はしないがちょっとは
  パートナーをねぎらってくれ。
  というか私も妻側がいい」

淡(あれ?なんか今しれっとノロケられた?)

菫「次行こうか。こいつなら
  照や淡にも効果があるだろう」

菫「座布団だ」

照「椅子なのにどうして座布団」

菫「一口に椅子に座ると言ってもだ。
  姿勢は結構バラバラだし、
  長時間座っているのは結構疲れるものだろう?」

淡「あー、わかるかも。意外と
  まっすぐ座ってるのって長持ちしないよねー」

誠子
 「うちの部室の椅子も結構いい奴
  使ってるみたいなんですけどね。
  どうしても姿勢が前傾気味になっちゃって」

照「満貫くらいから雀卓を掴みたくなるしね」

淡「それはテルーだけかな」

菫「そこでこの座布団だ。低反発のクッションで
  腰への負担を軽減するのに加えて、
  姿勢を矯正してくれる機能も付いている」

淡「ふーん。なんかおしりがもにゅもにゅして
  変な座り心地!でも確かに気持ちいいかも!」

亦野誠子
 「クッションの形状のおかげで
  自然と背筋が伸びますね。
  これならかなり疲れにくいかも」

尭深
 「…これ、全部の椅子に備え付けましょう。今すぐに」

照「尭深の食いつきが切実でなんかつらい」

淡「凹凸があるとこういう時大変だからねー」

照「後輩にまで鉄板って言われたつらい」

誠子
 「宮永先輩、二人で強く生きていきましょう」

菫「照は私のものだ」

尭深
 (…当然のようにノロケが割り込んでくる)

菫「最後はこれだ。USB充電式アイマスク」

照「正真正銘意味の分からないものが出てきた」

尭深
 「…あ、これ前から欲しかったです」

照「菫と尭深は健康グッズ同好会にでも入会してるの?」

菫「使い道を聞けばお前も納得すると思うけどな。
  ほら、麻雀って結構目が疲れるだろう?」

淡「まあねー、河とかずっと凝視してるし」

菫「こいつはUSBで充電できるホットアイマスクだ。
  スイッチを入れると丁度心地いい熱量で
  目を癒してくれる」

照「熱しぼじゃだめなの?」

菫「ほら熱しぼ」

淡「熱っ!あっつ!!ちょっと!
  冷ましてから渡してよ!!」

菫「なら今度は冷ましたおしぼりだ。
  目を覆ってみろ」

淡「……うーん。これ気持ちいいの?」

菫「微妙だろうな。まあそういう事だ」

尭深
 「…おしぼり直だと熱すぎるし、
  冷めちゃうと気持ちよくないの」

尭深
 「うまく調整してもすぐ冷めちゃうしね。
  これだと15分くらいちょうどよく
  あったかい状態が続くよ」

淡「解説役が二人に!」

誠子
 「似たようなので紙の奴もありますよね?
  1回限りの使い捨ての奴。
  あれはどうですか?」

菫「別に悪くはないんだが、
  どうしても費用がかさむんだよな。
  こっちならUSBで充電して何度でも使えるから
  経済的にも自然にも優しい」

照「なんか本格的にテレビの通販番組
  みたいになって来たね」

菫「まあ百聞一見にしかずだ。実際に使ってみろ」

照「お、おお……なんかゆっくりじんわり
  あったかくなってくる」

照「これはすばら」

淡「霧吹きで水を掛けると
  蒸しタオルみたいな感じになるってー」

照「おおー、蒸気が加わるとさらにすばら」

菫「人の持ちネタを何度もパクるな」

淡「これ持って帰っていい?」

菫「駄目だ。ちなみに寝る前にタイマー掛けて寝ると
  そのまま入眠できて素晴らしいぞ」

照「今夜も自分だけ楽しむつもりだ」

淡「菫先輩の鬼畜生!!」

菫「自費で購入したんだから当たり前だろ。
  まあ、部活の間は貸してやるから
  使ってみて感想を聞かせて欲しい」

菫「みんなの評価が高いものは全面的に採用しよう」



--------------------------------------------------------




夜。




--------------------------------------------------------



照「リストレストにクッションにホットアイマスクか。
  菫がそんなに疲弊してるなんて知らなかった」

菫「疲弊まで言うと流石に言い過ぎだがな。
  苦痛を訴えるほどでもないが
  無くなってくれたら嬉しい、くらいの負担だし」

照「言ってくれれば私も手伝ったのに」

菫「お前はお前で各部員の能力分析とかしてるだろう?
  適材適所だ。お前がサボってるとは思ってないしな」

照「とはいえ部長業務とか色々
  菫の方が負担が大きいのは事実だし」

照「これからも二人三脚でやっていきたい私としては、
  菫のケアが必要だなって考えた」

菫「実にありがたい考えだが、何かしてくれるのか?」

照「うん。肩こりにしても腰痛にしても。
  要はずっと同じ姿勢で筋肉が硬直してるのが原因だよね?」

菫「まあな」

照「だったら、毎日私がマッサージしてあげるよ」

菫「……え?」

照「肩叩き券、割と本気で言ってたんだよ?
  これでもマッサージには自信がある。
  昔はお父さんの腰を毎日のように踏んでマッサージしてた」

菫「踏んで!?」

照「腰痛が酷くなってくると、
  腕では太刀打ちできなくなる」

菫「なんとなく想像はつくが……
  足とかだと感覚掴めなくてボキッて行ったりしないか?」

照「それも含めて経験詰んでるから大丈夫」

菫「……私にやる時は手で頼む」

照「残念。足の方が自信あるのに」



--------------------------------------------------------



淡「あーわあわあわあーわあわー」

淡「大星淡ただいま参上!!
  菫先輩、たまってた牌譜データ持ってきたよー」

菫「ああ、淡か。後で分析するから
  そこに置いておいてくれ」テキパキ

誠子
 「弘世先輩。今週の練習スケジュールですが」

菫「すでにそこに印刷してある。
  部員に1枚ずつ配ってくれ」テキパキ

尭深
 「…弘世先輩。そろそろお菓子の発注時期なんですが、
  確認していただけましたか?」

菫「ああ。修正版を共有サーバにアップしておいた。
  具体的な変更箇所は照用のお菓子を半分に。
  後なぜか玉露が入ってたから削除しておいたぞ」テキパキ

尭深
 「………わかりました。修正版で発注しておきます」

尭深
 (…いつもなら疲れて確認しないから素通しなのに)

淡「なんか菫先輩生まれ変わった?
  いつもだったら打ち上げられた
  魚みたいにぐったりしてるのに」

菫「よし大星、そこの壁に背中をつけて立ってくれ。
  おかげさまで元気な事だし、
  教育的指導をくれてやろう」

淡「あ、アーチェリーの弓矢まで持ってきてるっ……!」

誠子
 「淡じゃないですけど確かに別人みたいですね……
  早くも健康グッズが効いた感じですか?」

菫「いや、あの手のグッズにそこまで劇的な効果はない。
  もともと、蓄積する疲労を軽減する類のものだしな」

尭深
 「…ならどうしてです?」

菫「まあ。健康グッズも悪くないが、
  やっぱり持つべきものは
  マッサージの上手い妻という事だな」

照「どうも、マッサージの上手い妻です」

淡「唐突にノロケだした!?」

尭深
 「……アバダ・ケダブラ」

誠子
 「もう十分苦労してるから殺さないであげて!?」



--------------------------------------------------------


というわけで『菫さんがなんか疲れてるSS』でした。
うん、普通にカップリングの
リクエストもらった方が楽だったね!



(完)
 Yahoo!ブックマーク
posted by ぷちどろっぷ at 2018年08月29日 | Comment(4) | TrackBack(0) | 咲-Saki-
この記事へのコメント
良作
Posted by at 2018年08月30日 03:13
笑いながら読んでましたw健康グッズにハマる菫さん確かにいそう…
Posted by at 2018年08月30日 12:35
苦労人故に健康グッズが似合ってしまう菫さん…
Posted by at 2018年08月30日 23:13
コメントありがとうございます!

良作>
菫「着地点が見えずだるーんとしてしまったが
  あえてこういうダラダラしたのも
  いいのかもしれないな」
照「他の作品が殺伐としてるだけにね」

健康グッズにハマる菫さん>
淡「かわいそうに……」
菫「そう思うならもう少し問題行動を
  減らしてくれないか?」

健康グッズが似合ってしまう菫>
照「くたびれたOLとか似合いそう」
菫「褒めてるのか?けなしてるのか?」
Posted by ぷちどろっぷ@管理人 at 2018年09月12日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184292508
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 なんかブログランキング参加してみました。
 押してもらえると喜びます(一日一回まで)。